「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


 第なん回か忘れた、AVIの大人の遠足。 今回は 「越前ガニを満喫しよう!」 てことで、

 日帰りバスツアー!!


 バスの中では、

d0212522_14171990.jpg

エヴァ 2010(エレナ・ヴァルフ) と、
ラ・モネッラ 2011(ブライダ)

 に加えて、こんなのも座席に回ってきました。

d0212522_13502544.jpg

かにちゃいまっせ 2013(スギヨ)

 ホントにカニと間違えるほどの出来に天晴! その後は 「カニせんべい」 も回ってきました。
 これらを持って来られた神谷さんの本気度に脱帽。


 そうこうしているうちに、雨オトコと雨オンナの本領発揮。

d0212522_13505623.jpg

北陸自動車道 南条S・Aにて


 そして到着した日本海は、この荒波!
d0212522_13511545.jpg


 そんな厳しい環境で育った、

d0212522_13513359.jpg

魚介の刺身盛り合わせ

d0212522_13515233.jpg

越前ガニ(デカッ!)

d0212522_13522476.jpg

お魚(名前忘れた)の天ぷら

そして、ごはんの上に かに身・かにみそ・大根おろしにしょうゆをたらしたメイン料理!
d0212522_13524474.jpg

なまえしらない、てかないかも


 いや~よく食べてよく飲みました!(笑)

d0212522_14175037.jpg

左から、イスキア・ビアンコ 2011(カーサ・ダンブラ)、
トラモンティ・ビアンコ 2011(サン・フランチェスコ)、
ブラン・ディ・シモン 2009(シモン・ディ・ブラッツァン)、
コスタ・デル・ヴェント 2008(ヴィニェーティ・マッサ)、
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2004(サン・ジュセッペ) コレは帰りのバスん中で。

 AVIメンバーがこの日に持ち寄ったワイン達です。
 さすが、どれを飲んでもお料理に寄り添いまくり。

 どれが一番よく合ったかって?

 そりゃあ、







 日本酒に決まってるじゃないですか!(笑)
[PR]
by enotecabianchi | 2013-02-25 12:25 | 楽しいイベント。 | Comments(0)

 写真撮っちゃダメよね。 なので今回は画像ありません。 悪しからず。

 個人的に、ワインやそれにまつわる事を書いているブログなので、関係ないことを書くのはあまり好きではありません。 つまり、ムリヤリながら最終的にそこに関わりますので、こちらも悪しからず。


 初めて検査してもらったのですが約一時間、自分の脳について考えたことが今までなかっただけに、面白い時間でした。

 そして、検査を終えたあとの先生とのお話が最高に面白かった。

 例えば、

僕 「仕事柄、日常的にワインをよく飲むのですが、それは控えた方がいいんですかね?」

先生 「ワイン自体は他のお酒と比べると糖分は少ないんですが、それと一緒に食べる食事がね。 あとシャンパン、あぁ、エノテカを名乗ってるからイタリアですね。スプマンテはよく飲みますか?」

僕 「?・・・、えぇ。よく飲みます。」

先生 「ドザージュは強めのものを?」

僕 「???・・・えぇ・・・??」


 面喰らう、とはこのことですね。 あれ?ここ得意先やったっけ?

 そのあとの話も盛り上がってね。 お店のことも知ってる知ってる!

 月曜日にトスカーナから帰って来られた方のことや、堂島の鉄板焼屋さんのこと、そしてそのオーナーさんが経営している京町堀のエノテカのことや、更には「お豆さん」の名を冠した京町堀のお店などなど。

 業界にいる僕達よりも詳しいかも? お医者さんはそういう方が多いと聞いてはいましたが、まさかウチのお客さんのことでここまで盛り上がるとは!


 約一時間。 終わった後の感想は、

 「あの先生と是非ご一緒したい!」

 でした(笑)



 そして検査の結果は、全く問題なし! ツルッツルですわ!(笑)
[PR]
by enotecabianchi | 2013-02-08 20:08 | つぶやき。 | Comments(0)
d0212522_17534963.jpg


シチリア・ロザート 2011(ボナヴィータ)

 シチリア北東部、メッシーナのワイン。
 メッシーナ海峡はイオニア海流とティレニア海流がぶつかる場所で、この場所はエトナに次ぐ標高と相まって特異な気候環境を生み出すのだとか。

 色合いに加えて香りも ホワッと明るい。 軽いが密度が高い。 いかにもロゼらしい香りと味わいだが、アフターがスンゲー長い。
 酸がしっかりあるものの すっぱくないのは、果実味の豊かさからくるもの。

 そ し て、



 このワインは飲み進むごとに、赤ワインになってゆく!



 このブログによく出てくるワイン評論家は、



 「ワインの味わいを赤、白、ロゼで分類する時代は終わった」



 と書いていましたが、こんなに優れたロゼに出合うと、大きくうなずいてしまいますね。
[PR]
by enotecabianchi | 2013-02-05 18:07 | 美味しいワイン。 | Comments(0)

エノテカビアンキは現在、スタッフを募集しています。

イタリア大好き、ワイン大好き、食べるの大好き、という意欲ある方。

是非ご一報下さい。
[PR]
by enotecabianchi | 2013-02-03 11:21 | Comments(0)