「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 
 などと称して、飲みたいワイン飲んでます。
 テイスティングせなあかんの いっぱいあるのに。。。
 サンプリングして頂いた各インポーターさん、すんません!もうしばらくお待ち下さい。

d0212522_1912384.jpg

チロ・ビアンコ 2010(リブランディ)

 久々に持って帰って飲みました。やっぱり美味しいです。かなり前、リブランディ当主のニコデモさんが来日した際に、「ウチのラインナップで一番最初に売り切れるのが、このチロ・ビアンコなんだ」 と言っていたのを思い出します。気になったので生産本数を調べると、25万本(!)ですって!

 このワインのイイところは、「親しみやすいチャーミングな甘さ」 ですね。適度な酸味を持っていて、甘すぎないところが またいいです。ふくよかな果実味を感じつつ飲み飽きない。このバランスは価格を考えれば 「抜群」 と言えます。

 25万本が即完売!のワイン。いかがですか?(あ、なんかウサンクサイ業者みたいなこと書いてしもた!)
[PR]
by enotecabianchi | 2011-11-18 18:43 | 美味しいワイン。 | Comments(2)
d0212522_19594355.jpg

 この画像、どこかで見ましたか?
 いつもお世話になっている安土町Pさんのブログを見て行ってきました。お目当てはこのパスタ。
 「フレーゴラ・サルダ」っていうサルデーニャの伝統的なパスタだそうです。あまりオーダーされずメニューから姿を消したそうですが、「伝えたい」というその姿勢、僕は好きですね。

 で、お味はといいますと、魚介魚介魚介!! あられ みたいなパスタにダシがよくしみ込んでて、ウマいッ!
 でもこの食感、どこかで・・・

 あ、「永谷園」 や。



 いや~よく飲みました! ワインがすすむレストランです。皆さんも行ってみては?
 安土町Pさんのブログは → こちら

 にしても、カウンターでご一緒した人も相当飲んでたけど、無事に帰ったんでしょうか?
[PR]
by enotecabianchi | 2011-11-15 19:51 | Comments(4)
 先日のエノテカビアンキ・ワイン会にお越し頂いた方には既にご報告しましたが、その時に設置した募金箱には、

42,542円(!)

 入っていました!皆様のご協力に感謝致します。ありがとうございます。

d0212522_11382453.jpg

↑ 義援ワイン達(全部マグナムボトルだす!ウマかった~!)

 お伝えしましたとおり、これを全額、「がんばれ漁業募金」 に寄付しました。
d0212522_11384760.jpg


 東日本大震災では多くの業者さんが被災されました。レストランの仕事は、彼らが日頃届けて下さる食材なくしては成り立ちません。
 少しでも彼らの力になれればと思い、始めたことですが、良かったと思います。
 
 継続は力なり。エノテカビアンキのワイン会は、この第9回をきっかけに、募金箱を設置しますので、是非皆さま、お越しの際は小銭をご用意下さい!もちろんお札も大歓迎です!(笑)。
[PR]
by enotecabianchi | 2011-11-08 11:47 | Comments(0)
 あるインポーターさんの計らいで、イタリア研修に行くことになったウチのスタッフ用にと、そんなに高くないデジカメを見に行ったのですが、ダメですね。イイのを見ると。 今まで僕が使っていたお下がりを彼に渡して、自分用の新しいデジカメ。

 ムフッ! 買いましてん。

 まるで高級車のボディのような美しいフォルム、僕みたいなシロートでもフルオートでいい写真が撮れます。
 んで、撮った写真がコレ!

d0212522_8303440.jpg

 どうスか!? え? 違いが分からんって? そらそーです。本人も分かりません!(笑)

バルバレスコ 2001(ガスタルディ)
 あるレストランで頂いたワインです。このお店では何故か、全てのワインがブラインドで、もちろんこのワインもブラインドで出てきました!(汗)
 グラスに注いだ瞬間から艶やかな香り、自信に満ち溢れた存在感をアピールしています。
 柔らかな口当たり、それでいて確かに感じるタンニンは、上質で滑らか。長いアフターテイスト。時と共にバルバレスコらしい個性がグイグイ出てきましたが、僕はこのワインを・・・




「ブルネッロ!」って答えてしもた! しかも自信満々に!!


 ワインって奥が深いよね。
 すごろくに例えるなら、「ふりだしにもどる。」 の心境です。
 初心忘れるべからず。キャンバスは白いままで。
 会社の名前を考えていたあの時を思い出させてくれたこのワインに、そして北浜Sの豊島さんに、多謝!
[PR]
by enotecabianchi | 2011-11-05 08:37 | 美味しいワイン。 | Comments(2)
 北新地の名店として営業されていたCさんが先日、12年の歴史に幕を閉じました。最後のイベントにワイン会が催され、それに参加させて頂きました。
 
 スーパー助っ人として西区トラットリアPの松本さんがお料理を担当。ここで松本さんのお料理が楽しめるとは思ってもいなかっただけに、カウンター内のツーショットは夢のようでした。

 北新地のCさんは営業を終了しましたが、個人的にこれは、宮永さんにとってのスタートとして捉えているので、ネガティヴな別れとは考えていません。気持ちも新たに、新天地でのご活躍をお祈りします。



 さてさてこのワイン会は、「シャルドネの会」といいまして、参加者が世界のシャルドネを持ち合ってワインを楽しもう!という趣旨の会です。ただひとつ、普通のワイン会と違うのは、全てのワインを 「ブラインド」 で行うということで、固定概念を無くし、本当に美味しい1本に1票を投ずるという、楽しい楽しいイベントなのです(汗)。
 それとは別に 個人的な課題として、『「イタリア」と「それ以外」を的確に当てる』ことを自分に課しました。

 結果は、といいますと、自分の課題はともあれ(?)、すんげー美味しいシャルドネ、見つけました!

d0212522_20421520.jpg

レ・アイエ 2010 ノルマーレ(カッシーナ・ロエラ)

 18アイテムのシャルドネの中から、これ以外にはない。そう確信した1本です。
 内心、自分が選んだのがイタリアじゃなかったらと ヒヤヒヤでしたが、よかったよかった。
 凝縮感を適度に感じ、かつ透明な果実味。上質でございます。何かが突出しているわけではないが、それだけに口の中の安定感は見事。
 つい飲み進んでしまう 「誘い上手なワイン」 です。
 よし!次のワインリストのイチオシはこれで!と思い翌日インポーターさんに問い合せたら、日本には入ってないんだって・・・。「ノルマーレ」と敢えて書いたのは、この上に「セレツィオーネ」があって、それは輸入されてます。
 T社の高橋さん!こんなに美味しいワインをナゼ輸入しないの!?セレツィオーネよりも是非ノルマーレを!!輸入された暁には、エノテカビアンキとして、2ケース約束します!
 弱ッ!!
[PR]
by enotecabianchi | 2011-11-01 20:57 | 美味しいワイン。 | Comments(0)