ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

カテゴリ:つぶやき。( 61 )

d0212522_1838742.jpg

レ・ペルゴレ・トルテ 2012 (モンテヴェルティーネ)

 今年最後のテイスティング。
 テイスティングでは、そのワインの様々な要素を読み解くことが求められるが、
 唯一、得られないなものがある。
 それは、相性抜群の料理と合わせた時の、「喜び」 だ。

 だから、

d0212522_18442271.jpg

 合わせてみた ♡
タリアテッレ 牛肉とポルチーニのラグー

 机に向かって、ちっちゃいテイスティンググラスでいくら考えを巡らせても、この喜びは味わえない。



 レストランでサーヴされるワインの味わいは、家では絶対に実現しえない。
 何故ならレストランは、文字通り命がけで、お客を満足させるべく、最上のお料理、空間、サーヴィスを演出するからだ。 そのために何年、何十年も修行し、あらゆるワインをテイスティングして考え、経験を積む。

 つまりレストランは、料理やワインを 「買う場所」 ではなく、
 「美味しい時間を過ごすための場所」 であり、その対価をお店に支払う。

 「家飲み」 とは根本的に、フィールドが違うのだ。

 エノテカビアンキ はそういったレストランへワインを提案し、販売している。
 様々な情報を取り込み、最適と思うワインを、求めているお店へお届けする。
 その考えは創業当初から変わらないが、テイスティングする数は比べものにならないくらいに、増えた。 大変だが、喜ばしいことだ。


 求めているワインに、生きた情報を添えて。

 エノテカビアンキは、常にそうありたいと考えています。
 これからも日々、精進する所存であります。

 今年も、お世話になりました。

丸谷 崇




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ ! 昨日と違って、マジメやな。~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-12-29 19:18 | つぶやき。 | Comments(0)

 ようやく、12月の新着案内 完成! ふぅ。
 間もなく、みなさまのお手元に。

 中には、

d0212522_2017756.jpg


 レポートが、3通。
 連日の来日で、特に 「書くべき」 と感じた2生産者と、スタッフ 木下くんが作ったものと。

 年末だけに、各インポーターからの 「歳末大売り出し」 も多数、入っている。
 それも大事だが、それだけだと、気が滅入る。

 興味を持って頂けるかは分からないが、この仕事は、造り手の情熱を伝えてこそ、と考えているので。

 そんなわけで 今回のDMも、やたら <ぶっとい> 内容になってるさかいに、
 読んでるうちに、眠らんといてや。 風邪ひくで。




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ よろしゅうに。 ~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-11-26 20:23 | つぶやき。 | Comments(0)
d0212522_21547.jpg

ロッソ・ディ・モンタルチーノ 2006 (シーロ・パチェンティ)

 これもそろそろ、出してみようか。

 造り手の ジャンカルロさんが来日したのは、昨年の5月。
 緊張しながら握手した時の手は、大きくて、ゴツゴツしてて、力が強かったのを覚えている。

 いわゆる 「並行輸入」 に言及するけれど、
 この造り手もまた、その憂き目に遭う。

 並行輸入している人たちは、ジャンカルロさんと知り合いでは ない。
 会ったこともないのではなかろうか。

 インポーターとして、 「シーロ・パチェンティ は有名だから売れる。」
 だけでは、このワインを知ったことにならない。

 輸入者には、造り手の心が宿る。

 ウチが正規輸入品しか扱わないのは、この理由による。
 
 心が宿ってるから、美味しいよ。

 発売をお楽しみに。




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ やねん。~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-09-18 21:18 | つぶやき。 | Comments(0)

 って、やっぱりすごいのよね。

 主役のひとつは、「メルロ」 だった。
 マッセート やメッソリオ、ラッパリータ などなど。

 昨夜、ラッパリータ、レディガッフィ、ラ・リコルマ を比較テイスティング。
 もうないかもしれない時間を、満喫した。

d0212522_20262421.jpg

ラ・リコルマ 2009 (サンジュスト・ア・レンテンナーノ)

 リストには載ってないけれど、寝てはります~。
 時には自分用に、買って帰ろかな。



~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ いいね! ~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-08-28 20:31 | つぶやき。 | Comments(0)

 2日連続の、業務連絡~。 です。

 8月13日(木)~16日(日)、
 夏季休暇を頂きます。

 休み前の最終出荷は、12日(水) ですので、
 どうか早めのご注文をお待ちしています。

d0212522_13552992.jpg


※ 画像は今の願望です。

 こんなに暑いと、プールサイドで キンッ! と冷えた モスカート・ダスティ なんて、エエな ♡

 夢のまた夢やけど。

 オフィスの屋上は今日も、40℃ オーバー!
 熱いゼッ!



~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ だ、ゼッ! ~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-08-10 14:00 | つぶやき。 | Comments(0)

 今日はワインではなく、業務的なお話を。

 エノテカビアンキは、大阪市内の配達はもちろん、ゆうパックを使って全国発送も行っています。
 季節柄、ワインの発送には、クール便をおすすめしています。

 ワインの 「中身」 を守るための手段として有効と思い、すすめていますが、
 「外身」 に関して言えば、あまり適さない、と言わざるを得ません。

 毎年この時期になると、数件頂くクレームが、
 「ラベルが破れてる。」
 というものです。
 出荷する時、厳密なラベルチェックをしているにもかかわらず、です。

 原因はいくつか考えられます。

 クール便で運ばれるワインのラベルは、たいていが冷気により、「ふやけ」 ていて、破れやすくなっています。

原因1.輸送途中の 「揺れ」 で、段ボールの壁に当たって、すれて、破れる。

原因2.ブルゴーニュボトルなど太い瓶の場合、ラベルが段ボールの壁に接していて、ボトルを持ち上げる際に、剥がれてしまう。

 無論これは、誰が悪いわけでもないので、対策として、

対策1.箱の中でボトルが暴れないように、ジャストサイズの箱を使う。

対策2.太いボトルに関しては、エアパッキン 通称 「プチプチ」 袋に入れる。(コレ ↓ )
d0212522_20251952.jpg


 ことにしました。

 これでかなりの割合を防げるのではないかと思いますが、
 また感想を聞かせて下さいまし。



~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ ですよ。~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-08-08 20:31 | つぶやき。 | Comments(0)
d0212522_910997.jpg


 皆さんのコメントお待ちしてます。
 変な広告以外は、コメントができるように設定しました。

 2月から毎日更新していると、フェイスブックを通じてコメントを頂くことがある。
 ただ、僕の知らない人がこのブログを読んでどう思うのか、知りたくなった。
 読んでくれてるかどうかは知らないけどね。

 画像は、なにわ黒牛のタリアータ。
 千鳥橋の 「パルゴロさん」。
 美味しすぎるがな。

 朝から何アップしよんねん!

 なんてツッコミも、お待ちしておりまする。
[PR]
by enotecabianchi | 2015-07-28 09:18 | つぶやき。 | Comments(2)
d0212522_19354550.jpg

 予告の通り昨夜は、ワインとお好み焼きとのマリアージュ。

 ここまで ワインにカスタマイズされたお好み焼きを、僕は他に知らない。
 ガヴィウスとの見事なまでの相性、堪能しましてん。

 そして!

d0212522_19372038.jpg

 隠れた逸品、豚メンマ。
 やっぱり美味いがな。

イタリアワインとお好み焼き。

行ってみなはれ。 堂島 たんぽぽ さん。



~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ でっせ~。~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-07-16 19:41 | つぶやき。 | Comments(0)
G.W.のご案内。

変則的ではありますが、以下の通りお休み頂きます。

4月29日(水・祝)

5月3日(日)
5月4日(月)

5月10日(日)
5月11日(月)

5月17日(日)
5月18日(月)


尚、5月5日(火・祝) 及び 6日(水・祝)は営業しますので、是非ご活用下さい。

二日以上の連休を取ると現実復帰できないという、妙な習性があります故、お許し下さい。

ではみなさま、
Buona Vacanza !!
[PR]
by enotecabianchi | 2015-04-27 19:40 | つぶやき。 | Comments(0)

 フリウリの造り手、ラ・ベッラノッテのオーナーとの同行営業の為、今日はブログ書けないーーー!
 なので、フランチェスコとの夕食で大絶賛していたお料理の画像を。

d0212522_133274.jpg

じゃが芋のニョッキ サルサ・フォンデュータ

 大喜びとはこのことだ。
 食べた後、自慢げに真っ白になったお皿をシェフに見せてた(笑)

 明日、その詳細を書くよ~。
[PR]
by enotecabianchi | 2015-04-17 13:08 | つぶやき。 | Comments(0)