ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

カテゴリ:つぶやき。( 68 )


d0212522_19105001.jpg
フラッチャネッロ 2012 (フォントディ)

 スーパートスカーナ・ノスタルジー紀行といきますか ♬
 レ・ペルゴレ・トルテ が女性的なサンジョヴェーゼと喩えるなら、
 このフラッチャネッロは断じて男性的。
 そして スタイルは違うが共通するものがある。 それは、
「色気」 だ。

 レ・ペルゴレ・トルテ は、細身でスタイルが良く、凛としていながらも 色気がある女性。
 しかし、裸であってはならない。

 フラッチャネッロ のそれは、中世ルネサンス期の彫刻のようだ。
 ミケランジェロの作品のような、力強く、鍛えあげられた筋肉がはっきりと見てとれる裸体。

 あ、あくまで僕の個人的なイメージやでぇ ♬
 インポーターさんからは 見積書とスペクテイターの点数しか送られてこないものやから、
 想像力膨らむね ♬

 リストには載ってないけれど、寝てはります~ ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 隠しアイテム、いっぱい ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-12-09 19:29 | つぶやき。 | Comments(0)

 問題。
 以下のお料理に合うワインは?

『タリアテッレ 穴子のラグーと山椒味噌のソース』

 穴子かぁ。。ラグーでタリアテッレなら ある程度の濃さはあるはず。 そして旨みもしっかり感じられる。
 樽熟成の白か?
 いや、このお皿は メイン料理の前だから、メインにに合わせる バルバレスコの存在感を引き出すくらいの、
 お料理に寄り添うようなまろやかさで、穴子に合わせれらる赤が好ましいか・・・。
 そう考えて辿り着いたのが、
d0212522_22053447.jpg
ヴァルポリチェッラ・クラッシコ・スペリオーレ・リパッソ “ヤーゴ” 2011 (ヴィッラ・スピノーザ)

 やたら長い。
 「リパッソ」 と聞くと まず最初にイメージする味覚は、「甘み」 だ。
 だがそれは 現代のイメージであって、リパッソが初めて造られた頃は、今のように 「甘濃い」 ワインではなかったそうだ。
 もしそうなら、このワインは 「リパッソ・クラッシコ」 とでも言えるのではなかろうか。
 リパッソだから 甘みはある。 角の取れたタンニンのおかげで舌ざわりは滑らか。
 そしてこのワインはそこに、適度な酸がある。

 この酸、大事よね。
 酸は人に、唾液の分泌を促す。 また 口中に清涼感を与える。
 その結果 食欲が増し、次の一口を誘う。
 良きアッビナメントとは、そういうものね。
 このリパッソには その作用がある。
 シェフにもご納得頂いて、採用が決まった。
 よかったよかった ♬
d0212522_22375894.jpg


~ おまけ ~
 個人的に 「現代のリパッソ」 のような甘くて濃いワインは、好きではない。
 いわゆる 「試飲会映え」 するワインね。
 試飲会でインパクトがあったからと、そういったワインをお店で仕入れてみたら、ワインの味わいが強くてお客さんの食欲を削いでしまった、
 なんてことにならないように、レストランでは特に、酸味を備えたワインを選びましょうね。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 飲み疲れるワインは、オジサンには堪えるのよね~。 ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-10-25 22:31 | つぶやき。 | Comments(0)

 9月1日。
 今日は エノテカビアンキ の創立記念日だ。
 大企業さんなら お休みとなる日だったりするが、貧乏暇なし。
 休んでなどいられない。
 エノテカビアンキ は 15歳になりました。
 まだまだ駆け出しですわ。

 B’z の歌だったか、
「何もないところから たよりなく始まって・・・」
 なんて歌詞があったけれど、始めた頃は 「たよりない」 どころか 注文も何もこないもんやから、時間経つのがやたら長く感じたのを思いだす。

 15年経った今日。
 インポーターから入荷したワインで身動きがとれない状況で、ご注文頂いた商品をピッキングした。
 感謝この上ない。
 普段と違って なんだか感慨深く、しかし日頃と変わらず 仕事をした。

 「節目」 というのは、今一度 気持ちを 「シャンッ!」 とさせる効果がある。

お客さんに高い満足を与えてられているか?
インポーターさんの求める 活きのいい酒販店であり続けているか?
皆さんとの信頼関係は、良好か?

 15年というこの日を迎えられるのも、取引して頂いている レストランの方々、並びにインポーターの皆様のご協力あってのこと。
 改めてお礼申し上げます。

ありがとうございます。

「キャンバスは白いままで。」
 エノテカビアンキ という社名の由来となった このコンセプトを汚すことなく、精進する所存であります。

 よろしくお願い申し上げます。

d0212522_18464608.jpg
 画像は今朝の空です。
 秋は、すぐそこなのですね。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 今度マジメに書くのは、5年後かな? ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-09-01 19:11 | つぶやき。 | Comments(0)

 月がひときわ明るく、夜空を彩っているね。
 今日は 七夕。
 この調子だと、宙のふたりは楽しい時を過ごしているんやろね。

 星にまつわるワインはたくさんあるけれど、すぐさま思いついたのが、これ。 ↓

d0212522_20050087.jpg
ピノグリージョ 2014 (アロイス・ラゲーデル)

 ブログを始めた頃 (って調べてみたら7年も前ね!)、
「驚くべき安定感」 と題したブログを書いていたけれど、
 その感想には、今も賛成だ。
 このピノグリージョ はそこに、「涼しさ」 が加わる。

 今宵は少し風がある。
 テラスのあるレストランで、風を感じながらグラスを傾けるに、ちょうどエエんちゃう~?

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 日本のこういった風習、好きやねん。 日本人でよかったて、思いますねん。 ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-07-07 20:11 | つぶやき。 | Comments(0)

 地域別試飲会「イタリアの真ん中!」
 ご来場頂きました皆々さま。
 ありがとうございました ♬
 色んな発見があった。
 特に!

d0212522_16521430.jpg
フィオルフィオーレ 2014 (ロッカフィオーレ)

 このワインをはじめとして、「ウンブリアのグレケット」 がひときわ目を惹いた。
 あ、個人的にね。
 とりわけ ペルティカイア のものは、果実味、複雑み、そして適度な酸味を備えた、飲んだ瞬間、ニンマリ してしまうもの。
 新着案内は作ってしまったから、次のワインリストには、掲載決定やな ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! そろそろリスト更新の準備やな・・・。 ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-06-29 16:58 | つぶやき。 | Comments(0)

 事後報告ではありますが、先週土曜日はお休み頂いておりました。
 創業以来 2回目の、土曜日お休み。
 あ、会社は営業してましたよ。エノテカビアンキが、土曜日お休みすることはありませんねん。

d0212522_08224261.jpg
ズッキーニとイワシのフリット

 土曜日の夜は、福島「パポッキオ」さん。
 カンピ・フレグレイの ミネラルたっぷり ファランギーナ との相性は、言うまでもありませんな。

 はい。 言い訳ブログでございました w
 また後ほど、アップしまする~。


[PR]
by enotecabianchi | 2017-06-19 08:28 | つぶやき。 | Comments(0)

 6月のDMは、内容盛りだくさん ♬
 どれも無視できない内容だが、何よりコレが、おススメなのだよッ ! ↓

d0212522_20465391.jpg
イゾーレ・エ・オレーナ 当主、パオロ・デ・マルキ さん来日レポート。

 5月某日。 氏と一日ご一緒して感じたことから、チェッパレッロ が何故、すごいと言われ続けるのか など、長年この造り手を扱い、見続けた 「結論」 ともいえることを、書いてみた。
 6月いっぱいまで、少しではあるがお買い求め易くもなっている。

 先日、20歳も年上の <友人>、失礼な物言いかもしれないが その方がしっくりくるし、その人もそう言ってほしいと願っているに違いないのでそう言おう。
 その友人と、ルッカ料理と共にこの造り手のキアンティ・クラッシコ を飲んだ。
 中でもお店自慢の 「ポルケッタ」 との相性は最高で、思い出深いこのワインを飲んだ友人は、「鳥肌が立った。。」 と言った。

 パオロ・デ・マルキ のワインには、そんな効力がある。
 飲みながら、読んでおくんなはれ~ ♬



[PR]
by enotecabianchi | 2017-05-30 20:57 | つぶやき。 | Comments(0)

 これから同行営業やさかいに、早めのアップ。
 誰と同行するのかて??
 このワインたちを造っているお人。

d0212522_13064714.jpg
チェッパレッロ 2012
と、
コッレツィオーネ・シャルドネ 2013 (イゾーレ・エ・オレーナ)

 そう。 優良な キアンティ・クラッシコ の造り手であり、ピュア・サンジョヴェーゼの代表格 チェッパレッロ、トスカーナ最高のシャルドネ を造る、イゾーレ・エ・オレーナ から、オーナー、パオロ・デ・マルキ さんが来日。 光栄にも、同行営業させて頂くことになった。

 詳細後日!

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 5月は、造り手いっぱい来るねん。 ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-05-15 13:17 | つぶやき。 | Comments(0)

 ネタがないなぁ、なんて考えていると、
 実のところそれは、「ネタがない」 んじゃなくて、「思考能力が低下してる」 んやろね。
 大昔、あるお店に納品に行った際、オーナーシェフから、
「なんかエエ話ないの!?」
 って言われた。
 あーこの人には、たとえ大喜びするようなネタを話したとしても 「エエ話」 とは感じないんだろうなと思い、
「ハァ、今はないので出直してきます。」
 と言ったきり、そこには行かなくなった。

 そんなことを考えながら思考能力を高めたら、ネタ ♬ 出てきた ♡

d0212522_20543270.jpg
キアンティ・クラッシコ 2014 (ビッビアーノ)

 とある真夜中の勉強会にて、キアンティ・クラッシコを全てブラインドでテイスティングして、一番びっくりしたワイン。
 極めてリピート率が高く、ウチのキアンティ・クラッシコ部門、出荷量ナンバーワン。
 ブラインドで、改めて納得した。

 G.W.用にと多めに仕入れたにもかかわらず、欠品してしもた。
 スンマセーン。
 今は潤沢に、在庫ありますねん。
 いっぺん買ってみてみ。
 リピートしたくなるで ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ええワインいっぱい ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-05-09 21:10 | つぶやき。 | Comments(0)
d0212522_18321906.jpg
 本日も、テイスティング~ッ ♬
 しようと思たんやけれども、時間あらへん。。
 明日のテイスティングで最終かな?
 またレポートするなり!

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! エエやん ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-04-19 18:35 | つぶやき。 | Comments(0)