ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

カテゴリ:美味しいワイン。( 272 )


d0212522_17210219.jpg
ヴァルポリチェッラ “ウナンノ” 2014 (トラブッキ・ディ・イッラージ)

「ウマいけどなぜか売れへん」 シリーズ~ッ (泣)
 なんでやろか?

 「ペラい」 あるいは 「甘濃い」 のが多い今の ヴァルポリチェッラ において、真面目に造っているのがすぐに解る味わい。
 「強さ」 ではなく 「優しさ」 を楽しむワイン。

 ステンレスによる熟成で フレッシュさを感じるが、青くなく 喉の通りがスムース。
 今の季節なら、チョイ冷やし気味で サーヴすると、お客さんの喜ぶ顔が容易に想像できる。
 ちなみに、右はモデルチェンジ前のワイン。中身は同じで名を 「レ・マリエッテ」 という。2012年。
 ちょっとだけ残ってるねんけど、今ぜったい美味しいでぇ。

 なぜ売れないかが不思議なワイン。
 シリーズ化なるか!?
 そもそも、シリーズ化して、エエのんか!?



業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキ!! チェケラッ!! ~

-


[PR]
by enotecabianchi | 2016-08-18 17:32 | 美味しいワイン。 | Comments(0)

 ラジオ体操してるねん。 毎朝、屋上で。
 そうするとね、 徐々に移る季節を 肌で感じられるねん。
 今朝は、そんな季節の移ろいを感じる、昨日と比べるとほんの少し、涼しい風が吹いていた。

 さてそんな日は、何飲もか? (ソレバッカリヤナ!)

d0212522_19324729.jpg
マルモレッレ・ビアンコ 2015 (テヌーテ・ルビーノ)

 適度な酸はワインに欠かせないが、強すぎない方が 今日みたいな涼しさには良い。
 そして ボディは、「スレンダー」 よりも 「ふくよか」 な方が、いいね!

 場所は プーリア州。 海岸線からほど近いところで収穫される シャルドネと マルヴァジア・ビアンカ のブレンド。
 健全なブドウを優しくプレスすることで得られる、良質なフルーツ感。
 甘すぎない 甘さ。 そして果実が持つ 適度な酸。 苦みは、ない。

 お料理に とにかく寄り添うワイン。
 この季節に、おすすめやねん。

 朝のラジオ体操も、おすすめやで ♫



業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキ! ワインで感じる 季節の移ろい。 ~


-


[PR]
by enotecabianchi | 2016-08-17 19:48 | 美味しいワイン。 | Comments(0)
d0212522_17363659.jpg

ブラマテッラ 2008 (アントニオッティ)

 ヴィンテージ、変更するねん。

 ウチのリストにはずっと前から載っている常連さん。
 このワインの声は、か細い。
 それだけに、売れ行きも とにかく地味。
 でもこのワインは、それでいいのだ。

 くたびれたオジサンに、効果大 ♡
 そやから、自分がその域に達したかもと感じたら、
 飲むべし!
 飲むべしッ!!



~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! 売りやすいワインばっかり扱ってちゃ、ダメなのよね。 ~
[PR]
by enotecabianchi | 2016-08-06 17:44 | 美味しいワイン。 | Comments(0)

 甘みを伴った白ワインは、夏に、どうか?


d0212522_19502338.jpg

ジョセフ 2014 (ホフスタッター)

 「ホフスタッター のゲヴュルツ」 というと、うしろに写っている 「コルベンホフ」 が有名だが、
 僕みたいな庶民がレストランで飲むなら、この 「ジョセフ」 が、いいね。

 ゲヴュルツトラミネール はドイツの品種 と思われがちだが、実はルーツはここ、アルト・アディジェ なのね。
 また そう思われているから、「甘い」 というイメージもあるんやろね。
 実際、シャルドネ やソーヴィニョン などと比べると、甘い。
 だがそれは、辛口の中に甘みを含んでいるので、このワインの場合は 「甘み」 よりも、「旨み」 と表現したくなる。
 冷涼な気候と海抜の高さから得られる 「酸」 によって この 「旨み」 は、華やかな香味と 飲み心地の良さを身にまとう。

 ワイン初心者さんには是非飲んでほしいが、この味わいは 玄人 でさえも笑顔にする。

 そんなワインも、夏によろしいで。




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! なー。 ~


-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-08-03 19:59 | 美味しいワイン。 | Comments(0)

 しゃーけど暑いな。
 どこかで先日、ロゼ のイベントがあったそうな。
 たいそうな盛り上がりだったとか。

 注目度がますます高まってきている 「ロゼ」。

 ウチにも先日、美味しい キアレット (諸説あるが、ガルダ湖周辺で造られるロゼをこう呼ぶ) を紹介してくれた女子がいて、早速新しいリストに入った。

 また 別の日には、アンフォラ熟成の チェラスオーロ (これも諸説あるが、アブルッツォにおけるロゼのこと) は、それはそれは奥深いロゼだった。
 もう既に あるリストランテでは、8月のおすすめとして使って頂いている。
 ウチの9月の新着には、間違いなく オン! やね。

 そんな中、
d0212522_21162069.jpg

ファイヴ・ローゼス 2015 (レオーネ・デ・カストリス)

 イタリアで最初に造られたロゼ。
 評判いいよ。
 場所はアドリア海沿いの 「プーリア州」 だ。
 
 この夏、
 ロゼの深さを知って、
 人生バラ色に、
 なっちゃおうじゃないかッ!
 まずはこのワインからッ!!
 ベヴィアーモッ!!!




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! ロゼ大好き♡ ~


-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-08-02 21:26 | 美味しいワイン。 | Comments(0)
d0212522_17262890.jpg


 月に一度、あるレストランさんで開催される 「試食・試飲会」 での一コマ。
 次月のコース料理と一緒に呈される 「ワインコース」 に組み入れて頂くことになった。

キアンティ・ルフィナ 2013 (イ・ヴェローニ)

 年中楽しめるワインだが、夏にこそ試してほしいワイン。
 キアンティ・ルフィナ は、クラッシコ地区と比べて緯度も標高も、高い。
 だから クラッシコ にみられる 「風格」 は、このワインに求めてはいけない。
 このワインに求めるべきは、その 「軽さ」 そして、「しなやかさ」。
 少し冷やし気味で飲むと、このワインの個性は最大限に発揮される。

 以前もこのブログで書いたけれど、その時の僕は、
「若い頃のキャメロン・ディアスの、あのとびっきりの笑顔!」

 と表現した。
 自分で言うのもなんやけれども、うまく言い当てていると思う。

 このワインは一体、どんなお料理と合わせられるのか!?
 近日公開!
 お楽しみにッ!




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! ウキウキ! 夏ワイン! ~


-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-07-27 18:12 | 美味しいワイン。 | Comments(0)
 雨乞いの功あって降ったこの雨が終わると、さぁ夏、本番!

 何飲むぅ?


d0212522_2025971.jpg

オーロ・ディセー 2014 (ラ・バイア・デル・ソーレ)

 潮の香りのするヴェルメンティーノ。
 マロラクティック発酵を回避することで、シャープな酸味が残り 爽やかなアフターが楽しめる。

 FMからは 杉山清隆!
 浜辺で シーブリーズを感じながらッ!

 ジェノヴァの ヴェルメンティーノ やなんて、
 オサレ やがな!

 せやけど 近くに海、あらへんがな~ッ!(泣)




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! 夏もッ! ワインやでッ!! ~


-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-07-26 20:15 | 美味しいワイン。 | Comments(0)

 昨日の狂気じみたブログを見て、
「きっといいことあるさ。」
 と、インポーターさんから多数の慰めの声を頂いた。

 心ない人はいるものやから、そういうのに相手しないよう、人間観察に磨きをかけまする。
 こころ穏やかに、日々を過ごそうね。

d0212522_1949528.jpg

シードル (マレイ)

 ご存知、リンゴのお酒。
 昨夜は満月やったさかいに、このラベルを思いだしましてん。

 アルコール 3%。 もの足りない?
 なんのなんの。

 このお酒で味わうべきは アルコールではなく、りんご感。
 染み入るような美味しさに、何故この度数なのか 合点がいく。


 涼しい風が吹きはじめるサンセットタイム。
 りんごの泡と戯れるのん。
 よろしいやん ♡




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! シードルなんてと、言わないで。 ~


-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-07-21 19:56 | 美味しいワイン。 | Comments(0)

 涼しい一日やったね。
 ゲリラ豪雨は勘弁してほしいけれど、
 こんなに涼しい風を運んでくれるなら、
 夏 目前の ヤな雨にも、寛大な気持ちになりますな。

 そんな日は、何飲もう??


d0212522_19531031.jpg

リトラッティ・シャルドネ 2014 (ラヴィス)

 適度に樽の効いたシャルドネを 冷やし気味に。
 なんて どやろか?

 ラヴィス は、トレンティーノの優秀な協同組合。
 なぜか、エノテカビアンキとは今まで接点がなく、扱ったのは今回が初めて。


 厚化粧は好みではないが、
 自分のことをよく解っていて どう手を施せばより美しさが引き立つか、
 熟考の上での化粧は、好き。

 若々しくてバランスの整った、凛とした女、いやいや、ワインの話やったね。 そんなワインやで。
 色気がでるのはもう少し、あとになってからやろなぁ。
 そんな子、夕涼みのお供にいかが?

 あ、ワインの話ね。




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! よろしおすぅ。 ~


-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-07-15 20:02 | 美味しいワイン。 | Comments(0)

 夏ワイン、 楽しんではりますか?
 今年のウチの夏ワインは、これから始まりましたな。 ↓

d0212522_1658263.jpg

キアヴェンナスカ・ビアンコ 21015 (ニーノ・ネグリ)

 ヴァルテッリーナ地区では キアヴェンナスカ と呼ばれる ネッビオーロを使った白ワイン。

 梅雨時の沈みがちなこころを、カラッと明るくしてくれる効能あり。
 夏の始まりを多くのお客さんに伝えてくれましたな。
 おかげさまで、あと20本です ♡

 こういうワインがあると、この季節も楽しみになるね。

 あ、言い過ぎですか。

 次の 「夏ワイン」 が間もなく入荷!
 次もまた、「ヴィニフィカート・イン・ビアンコ (赤で造った白ワイン)」。

 次はどんなブドウやろか!?

 お楽しみに!



~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! 夏に美味しいワインあり〼! ~
[PR]
by enotecabianchi | 2016-06-27 17:09 | 美味しいワイン。 | Comments(0)