ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

カテゴリ:美味しいワイン。( 280 )


 昼から営業やさかいに、今日も早めのアップ。

d0212522_11415826.jpg
ガッティナーラ 2011 (トラヴァリーニ)

 昨夜飲んだワイン。
 ホンマのアルコールは、何% やねん?
 イタリアらしくて好き ♡

 たとえ梅雨時でも、夏の盛りでも、
 ええワイン飲みたい時は、飲みたい。

 香り高さに、うっとりするで。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 涼しい空間で ええワイン飲もう ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-07-13 11:45 | 美味しいワイン。 | Comments(0)

 怒涛の1週間も、明日で終わり。
 オレの仕事はあと2日ほど掛かるけれども。 あれ? 足れへんやん。
 イベントが続くと、書類の山は高くなるねん。
 記録更新中、やねん。

 昨夜はあるお店で、一日ワイン担当。
 梅雨のこの時期にワインを選ぶ際、最も気を遣うのが、「最初の泡」 だ。
 昨年の同じ頃も、同じ店で留守番をしたが、その時は リースリング のフリッツァンテ だった。
 そして今回、数日前にテイスティングしたワインを想い出し、これ以外にない、と即決した。

d0212522_21190996.jpg
ランブルスコ・ディ・ソルバーラ “フォンダトーレ” 2015 (クレート・キアルリ)

 ウチで扱っているもうひとつのランブルスコ、「コンチェルト」 とは、あらゆる面で違っている。
 色あいは、コンチェルトのいわゆる 「赤ワイン色」 のイメージよりも、かなり淡い。
 「いきいきとしたロゼ色」 といえようか。
 コンチェルトは、果実のふくよかさが前面に出た、辛口だが甘みがあり、まろやかな口当たり。
 対して 「フォンダトーレ」 は、はっきりとした酸を有し、甘みはほとんど ない。
 そして、瓶内での発酵を経る。 だからこのランブルスコには酵母の香味があるし、ほんの少し、「にごり」 がある。

 「甘み」 よりも 「辛さ」 を強調したランブルスコは、飲み手に清涼感を与える。
 この時期にこそ、飲んで頂きたかった。

 色あいを 「いきいきとしたロゼ色」 としたのは、
 「明るい色」 なのに、「艶やかさ」 を持ち併せているから。
 
 このワインを注文したお客さん、とりわけ女性には 大いに喜んで頂いた。

 ウチは今まで ランブルスコは、コンチェルト のみの取り扱いだったが、多様性を目の当たりにすれば、品数が増えるのも、必然やね。
 間もなく届く 「新着案内」 を、チェケラッ!!

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ウマいもんはウマい。 思いませんか? ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-06-30 21:39 | 美味しいワイン。 | Comments(0)

d0212522_19090242.jpg
ラ・セグレタ・ビアンコ 2016 (プラネタ)

 インポーターさんとの同行営業の際に 持って歩いたワイン。 イメチェンしましてん。
 プラネタは、シチリア島にいくつものカンティーナを所有する大きな造り手だが、本拠地はこのワインが造られる、島西部の メンフィ。
 プラネタといえばコレ! という感ある、うしろに写っている シャルドネ も、ここで造られる。

 ラ・セグレタ は同社のエントリーライン。
 「セグレタ」 とは、「秘密」 というイタリア語で、現当主の フランチェスカ、アレッシオ、サンティ の3人が子供の頃 よく遊んだ、「秘密の森」 に由来するという。
 オサレなネーミングやね。

 そやけど、なんか、
 秘密の森 て・・・。
 なんか、エエな。

 ちょっとドキドキするやん。
 ちょっとエッチで。

 何の話してるんやオレ?

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ついぞワインの味わいを説明せんかったな・・・。 ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-06-16 19:34 | 美味しいワイン。 | Comments(0)

 梅雨入り宣言したとたんに、「梅雨の中やすみ」。
 天気予報 あるあるやね。

 しゃーけどこの 「梅雨の中やすみ」 て、暑いなぁ。
 ビールが美味しいやろなぁ。。。なんて思てるそこの アナタ。
 そやないで。
 カラッと涼しげな飲みもの、それは! ↓
d0212522_20112532.jpg
ミュラートゥルガウ・スプマンテ (チェンブラ)

 これやん ♡
 高地で造られる ミュラートゥルガウ は、甘さよりも シャキッとするような酸味を有する。
 「すっぱい」 のではない。
 「涼しい」 のだよ!

 コレ飲みつつ、↓
d0212522_20132793.jpg
 甘エビのフリット なんか、
 最高ちゃうぅ??

 あ、また寄り道したくなってきた w

 Buon fine settimana ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 梅雨が楽しくなるワイン、あり〼。 ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-06-10 20:19 | 美味しいワイン。 | Comments(0)

 今宵は、ストロベリームーン。
 少し赤みを帯びた満月が、夜空を彩る。
 ええやん。

 太陽にほえるのは 裕次郎ッ!
 満月に吠えるは! やっぱり狼やね。

 そんなわけで今宵はッ! ↓
d0212522_19192180.jpg
ゲンメ “アンノプリモ” 2007 (アンティキ・ヴィニェーティ・ディ・カンタルーポ)

 「アンティキ・ヴィニェーティ」 と銘打っているだけに カンタルーポは、ゲンメの中でも老舗になる。
 しかしながら数年前、ゲンメDOC の官能検査で 何故かパスできず、その年のカンタルーポは ゲンメを名乗れずに 「アンノプリモ」 という名でもってリリースされた。
 以来、ゲンメの名は端に追いやられたまま。
 造り手の気持ちは、よくわかる。

 ここのゲンメの特徴は、「硬さ」 と、「ヴィンテージの反映」 だ。
 単一畑のものになればなおさら、果てしない忍耐を要する。
 ただ、暖かいヴィンテージにおいては リリースした時からよく香る。
 このヴィンテージが、まさにそうだ。
 北ピエモンテのポテンシャルを、とくと味わいなはれッ!

 満月の夜は 血が騒ぐぜッ!
 狼のごとく 月に吠え、
 そして狼のごとく、肉を喰らうのじゃ~ッ!
(レストランでね ♡ )

 「草食男子」 なんぞ滅びてしまえッ!
 オトコはやっぱり、肉食なんじゃ~~ッ!

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! やっぱり肉を食おう ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-06-09 19:39 | 美味しいワイン。 | Comments(0)

 ここ数日、朝晩が冷え込む。
 体調崩しやすいので、気をつけなされね。

 さてこんな時期、なに飲もか? て思ってたら、こんなんええやん ♬ ↓

d0212522_18371994.jpg
キアンティ・コッリ・セネージ 2014 (フェルシナ)
と、
キアンティ・ルフィナ 2012 (コローニョレ)

 キアンティ・クラッシコ こそが真骨頂である フェルシナ の、肩の力を抜いた感じのキアンティと、
 標高の高さから、クラッシコ にはない、ジェントルマン的エレガンス、コローニョレ。

 夏に向かうこの時期、こういった涼しいワインを楽しみつつ、
 アツい季節をどう楽しむか、ムフフッ と想像するのも、ええやん ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 想像力を、鍛えよう ♡ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-06-05 18:47 | 美味しいワイン。 | Comments(0)

d0212522_19222901.jpg
ビアンコ・ディ・モルガンテ 2014 (モルガンテ)

 今の時期、めっちゃ売れている白ワイン。
 モルガンテ はシチリア島の造り手で、ネロ・ダーヴォラ のスペシャリスト。
 ブドウは ネロ・ダーヴォラ しか造らない徹底ぶり。
 ほなこの白ワインは?
 そう。 黒ブドウのネロ・ダーヴォラを使って造る、いわゆる、
< ヴィニフィカート・イン・ビアンコ >

 意外だが、色は淡め。
 料理を欲する心地良い酸を感じる。
 この酸が、この時期に求められている理由やろね。

 夜風が気持ちいい テラスなんかでサ。
 お野菜とイカのフリットなんか、
 最高ちゃう?


d0212522_19301800.jpg
イメージ画像。
和食やけどw
昨年の日帰り福岡旅行にて。
また行きたいな~。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! アッビナメント最高 ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-05-11 19:35 | 美味しいワイン。 | Comments(0)

d0212522_19485776.jpg
 写真は先日、ちょっと遠出して西宮へ。
 トラットリア・ダ・ゴイーノさん。
 ホタルイカふんだん! 筍に空豆に。
 リングイネで頂きましてん。

 めっちゃ美味しいぃ~ ♬

 少し汗ばむほどの陽気やったから、合わせて頂いた ソアーヴェ はことのほか心地良く、グイグイと飲み進みましてん ♬
 そうそう、「火山土壌由来のミネラルありありワイン」 いうたら、

d0212522_19491715.jpg
 エトナ・ビアンコ たちもその代表ね。
 左右のレギュラーに加え、新しいメンバー、「シリオ」 が加入。
 賑やかになってきたね。
 お昼ごはんにこんなん出てきたら、エエなぁ。
 テラスなんかでサ。 「あ、なんかいい風。」とか言いながらサ (誰?)

 あ、G.W.はエノテカビアンキ、3日(水)のみお休みですねん。
 それ以外は絶賛営業中!でございまっさかいに、
 ご注文、お待ちしてまんにゃわ。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 初夏にミネラル ♬ 補充しいや ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-05-01 20:03 | 美味しいワイン。 | Comments(0)

d0212522_19552948.jpg
ブレッツァ のネッビオーロたち
左から、
ランゲ・ロザート 2015
バローロ “サルマッサ” 2011
バローロ・クラッシコ 2011

 ロゼを飲んで美味しかったからと、
 そこが造るバローロを取り寄せたのは、これが初めてかも。
 それだけ、説得力のあるロゼやねん。
 よく売れているし、それは 「今の季節ならでは」 な売れ方ではなく、季節を問わずに売れ続けるような気がする。 
 クリュクラスの バローロと同じネッビオーロで造られているから、味わいだけでなく、トークしやすいワイン。
 こういう商材は、レストランには嬉しい存在ね。

 さてそろそろ、フラッグシップのバローロ、テイスティングと いきますか ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 5月のリスト更新に向けて、サンプル続々入荷! ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-04-12 20:04 | 美味しいワイン。 | Comments(0)

d0212522_19450763.jpg
ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イェージ・クラッシコ・スペリオーレ 2015 (ブッチ)

 ワイン名のわりに造り手の名前、短ッ!

 よく、ヴェルディッキオ は、「安くて美味しいワイン」 なんて言われるが、
 このブドウは、そんな評価に留まらない。
 「キアンティ」 もそうだったが、ポテンシャルを秘めたワインの 「安くて美味しい」 は、通過点にすぎない。

 ブッチ は、「ヴェルディッキオ = 安くて美味しい」 とイメージづけている人にとって、安くはない。
 だが、実際に飲んでみると たいていの人は、想像していた 「美味しい」 の域を超えている。 
 結果、リピート率の高いワインとなってるのよね。

 あなたも、そんな感覚を、試してみてみ?

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ぶっち ウマいっちゃよ! ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-03-27 19:58 | 美味しいワイン。 | Comments(0)