ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

カテゴリ:音楽とのアッビナメント ?( 3 )


 この季節の雨は、秋を運んでくるね。
 夕暮れからの涼しさを感じると、ひと雨ごとに訪れる秋の深まりが楽しみになる。

 オフィスで聴く音楽も、今晩は しっとりと、こんなんにしてみた ♬ ↓

d0212522_19261649.jpg
アン・サリー / ムーン・ダンス
×
クルテフランカ・ビアンコ 2015 (カ・デル・ボスコ)

 良い音楽 聴いてると、良いワイン 飲みたくなるよねぇ ♬

 フランチャコルタの大家として知られる カ・デル・ボスコ。 逆にいえば、高額でないスタンダードな スティルワインは、あまり知られていない。
 もっとも これは、この造り手に限ったことではなく、全てのフランチャコルタの造り手の現状だろうね。

 このワイン、味わいの表現が難しい。 あ、個人的にね。
 果実味は豊かだが 甘くない。
 キリッとした酸を感じるが、すっぱい のではない。
 爽やかだが、軽い のでない。
 ふくよかだが、断じて リッチ ではない。
 そして アフターは、かなり長い。
 そう、極めてバランスの整った、上質で優しいワインなのよね。
 濃いワインを求める人は、飲まない方が良い。 
 だが、探究心のある人には、たくさん語りかけるワイン。

 テイスティングした時、やたら美味しくて嬉しくなったが それと同時に、
「売れにくいやろなぁ。。」
 と思いながら、採用を決めた。
 そして実際、そうなった (笑)

 秋の夜長、優しい音楽とのアッビナメントを楽しむ。
 ならば、想いを巡らせるに足る、優しくて奥ゆかしいワインを、セレクトしようじゃないか ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 売りやすいワインばっかり売ってちゃ、ダメなんだよ。 ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-09-12 19:55 | 音楽とのアッビナメント ? | Comments(0)

 この季節の雨は、秋を運んでくるね。
 夕暮れからの涼しさを感じると、ひと雨ごとに訪れる秋の深まりが楽しみになる。

 オフィスで聞く音楽も、今晩は しっとりと、こんなんにしてみた ♬ ↓

d0212522_19261649.jpg
アン・サリー / ムーン・ダンス
×
クルテフランカ・ビアンコ 2015 (カ・デル・ボスコ)

 良い音楽 聴いてると、良いワイン 飲みたくなるよねぇ ♬

 フランチャコルタの大家として知られる カ・デル・ボスコ。 逆にいえば、高額でないスタンダードな スティルワインは、あまり知られていない。
 もっとも これは、この造り手に限ったことではなく、全てのフランチャコルタの造り手の現状だろうね。

 このワイン、味わいの表現が難しい。 あ、個人的にね。
 果実味は豊かだが 甘くない。
 キリッとした酸を感じるが、すっぱい のではない。
 爽やかだが、軽い のでない。
 ふくよかだが、断じて リッチ なのではない。
 そして アフターは、かなり長い。
 そう、極めてバランスの整った、上質で優しいワインなのよね。
 濃いワインを求める人は、飲まない方が良い。 
 だが、探究心のある人には、たくさん語りかけるワイン。

 テイスティングした時、やたら美味しくて嬉しくなったが それと同時に、
「売れにくいやろなぁ。。」
 と思いながら、採用を決めた。
 そして実際、そうなった (笑)

 秋の夜長、優しい音楽とのアッビナメントを楽しむ。
 ならば、想いを巡らせるに足る、優しくて奥ゆかしいワインを、セレクトしようじゃないか ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 売りやすいワインばっかり売ってちゃ、ダメなんだよ。 ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-09-12 19:55 | 音楽とのアッビナメント ? | Comments(0)

 昨夜は、オトコマエに会いに、京町堀へ。
「美味しいイタリアワインと AORのアッビナメント」
 ときて、しかも一日だけって聞いたら、
 行きたくなるに決まってるやん ♬

 で、1杯目が、コレ! ↓

d0212522_19503770.jpg
ザ・ナイトフライ / ドナルド・フェイゲン
×
ミュラー・トゥルガウ “ヴィーニャ・デッレ・フォルケ” 2015 (チェンブラ)

 センス抜群やね。
 涼しげな音楽に トレンティーノのシャキシャキ系 ミネラル。
 一気に汗が引いた。
 このミュラー、やっぱり美味しいわ。
 リストから外れたけれど、改めて検討しよう。
 あ、そういえばこのワインも、「スクリューキャップ」 やね。
 このワイン、同社のトップキュヴェやで。 そこにこのパッケージを採用するのには、「偏見なく、その品質を見てほしい」 という造り手の願いが込められているようだ。
 あ、ちょっと脱線したね。

 そして2杯目は! ↓

d0212522_19505070.jpg
オン・ザ・ビーチ / クリス・レア
×
ロッソ・ディ・モンタルチーノ 2014 (コッロソルボ)

 視覚と聴覚で夏を感じ、嗅覚と味覚で秋のおとずれを感じた。

 外では蝉の声が小さくなり、赤とんぼをよく見かけるようになるこの時期。
 夏が終わる寂しさと 秋のおとずれに胸がふくらむ、この時期ならではの感覚を、この空間で見事に演出されていた。

 オトコマエは、やることもオトコマエやな ♬

 明日への活力となった夜でございました~。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 音楽とのアッビナメント 最高! ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-08-23 20:12 | 音楽とのアッビナメント ? | Comments(0)