「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

カテゴリ:少量入荷!( 13 )


 年の瀬に、こんなん、届いてん。
 先ゆーとくけど、メタルスライムとちゃうでw

d0212522_19044846.jpg
グラッパ・ディ・アマローネ (ザーニン)

 ザーニンはヴェネト州のグラッパメーカー。
 ウチにも来てもらったことがある。
 ソフトプレスした搾りかすのみ、そして地元ヴェネト州のものしか扱わないという徹底ぶりは、グラッパの味わいに如実に表れる。
 つまり、果実の豊かさを感じさせる、「フレッシュでみずみずしい」グラッパとなるのだ。
 スタンダードのグラッパですら、いい仕事ぶりがはっきりと味わいに反映されているから、彼らが造る中でもトップクラスのこの アマローネのグラッパを、期待せずにはいられない。
 限定入荷やさかいに、レストランで見かけたら、飲むべし! 飲むべしッ!!

 今日、届いたケースを開けてびっくり! ↓
d0212522_19160238.jpg
 仕切りの意味 成してないがなッ!!
 よくコレでイタリアから届いたもんだ。
 物流がスゴいのか、これで出荷するノーテンキな造り手がスゴいのか。
 いずれにせよ、無事に届いてよかったよかった ♬


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 食後酒も充実ッ♬ ~



[PR]
by enotecabianchi | 2016-12-13 19:23 | 少量入荷! | Comments(0)

d0212522_18183022.jpg
ゴッチェ・ディ・グラッパ (シボーナ)

 <今年も予約開始!>
 ご存知、ピエモンテの老舗グラッパ・メーカーが手掛ける 「グラッパチョコ」。
 その名も 「ゴッチェ・ディ・グラッパ (グラッパの雫)」。
 中身は 「ゴッチェ」 どころか、「しっかり」、モスカートのグラッパが詰まっている。

 職人さんが1粒1粒 手造りするものなので、寒くならないと造れない。
 つまりピエモンテではこのグラッパチョコが造られるようになったら、「冬の訪れ」 というわけだ。

 秋冬になると キノコ類やジビエがレストランのメニューを彩るのと同じに、
 食後にも、冬には冬の楽しみがあるというのが、いかにもイタリアらしい。

 年に一度、航空便でやってくる。
 この時期だけの入荷やさかいに、買い忘れたら、めっちゃ!損するで。

 オレも1本、予約しよ ♡


務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 予約してね ♡



[PR]
by enotecabianchi | 2016-11-21 18:42 | 少量入荷! | Comments(0)
d0212522_18420889.jpg
ピノネロ 2011 (テッラッツェ・デッレトナ)

 2か月前のメーカーズ・ディナーで ひときわ異彩を放っていた。
 強烈に 「欲しいッ!」 と思ったワイン。
 ようやく先日、入荷した。

 上質なデザートワイン にも通ずる、複雑で妖艶な液体。
 エトナで造るピノネロ が、ここまで濃厚かつエレガントに、そして エロティックに仕上がるとは!

 テッラッツェ・デッレトナ は、生産力の低い造り手ではない。
 メトド・クラッシコ で1万本。 ベースラインのエトナ で2万本弱。
 しかしながら、この ピノネロ に関しては、たったの2000本。

 翌日に注文したら、もう欠品してた。
 うんうん。 よく解るよ。


 今年のヴィニタリーに出展した時のこと。
「エトナで スゴいピノネロ がリリースされた。」
 という噂を聞きつけた ある著名な造り手が、ブースまでわざわざ飲みに来たらしい。
 その有名な造り手は、北イタリア、アルト・アディジェ で ピノネロ を造っていて、「秀逸なピノネロの造り手」 と尊敬を集める人だ。

 その人の名は、フランツ・ハース。

 そんな彼が視察に来たというのだから、その実力はホンモノだ。
 既に世界が 注目している。

 価格云々の話はいらない。
 品質を考えれば、むしろこれでも安いのでは? なんて思ってしまう。

 飲み進むほど、エロティック。

 エッチなこと考えながら飲んだら、その味わいは頂点に達するのだぁ! (ウソ)



業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキ!! なのだぁ!(ホント)



[PR]
by enotecabianchi | 2016-09-08 19:12 | 少量入荷! | Comments(0)
d0212522_18235684.jpg

マッツォン・ブラウブルグンダー・リゼルヴァ 2011 (ブルンネンホフ)

 新着。
 「マッツォン」 を名乗る ブラウブルグンダー (ピノネロ) が好きでね。
 香り高く豊満なピノだが、そこには必ず 「エレガンス」 がある。

 オトナを酔わせる 妖艶。

 マッツォンのラベルには 「ピノネロ」 の表記が、ない。
 造り手のこだわりが垣間見れる。

 パッと見、イタリアとは思えないところもまた、エエねぇ ♡

 24本限定やねん。
 今からフェイスブックを使って案内するので、状況によっては、「新着案内」 にも載らない可能性がありまする。
 その際は、許してチョ ♡




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! エエねぇ! ~



-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-06-22 18:36 | 少量入荷! | Comments(0)

 午後から営業やさかいに、今日は早めのアップ。
 2年ぶりに 入荷してん ♫ ↓
d0212522_11124.jpg

キアヴェンナスカ・ビアンコ 2015 (ニーノ・ネグリ)

 ロンバルディア州における 「ネッビオーロ」 の呼び名、「キアヴェンナスカ」 を主体とする白ワイン。
 そう、「ヴィニフィカート・イン・ビアンコ (黒ブドウで白ワイン造ってん)」 ね。

 ユニークなワイン、というだけでなく、味わいもお墨付き。
 この時期に嬉しい、「涼しいワイン」 と形容するにふさわしい白。
 過去に入荷したものはだいたい2週間で完売しましてん。

 そやからお早めに!
 限定60本ですねん!




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! やね! ~


-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-05-26 11:06 | 少量入荷! | Comments(0)
d0212522_17471617.jpg

ロザート 2013 (ポデーレ・414)

 キュートなラベルやな~。キャイラシ!

 インポーターが替わったことで ウチの取り扱いを終えてしまったが、数本だけ、残った。

 周囲を見渡すと、昨日の 春の嵐 でも散らずに残った桜が見つけられる。
 そんな、強くも儚い桜を想いながら、グラスを傾けたいもんやねぇ。

 あ、4本しかないさかいに、終わったら、ゴメンやでぇ。



~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! 残り桜に乾杯! ~
[PR]
by enotecabianchi | 2016-04-08 17:53 | 少量入荷! | Comments(0)
d0212522_20154746.jpg

オルネッライア・ビアンコ 2013 (オルネッライア)

 はい。 新着にも載せられないワイン。
 ソーヴィニョン70%、ヴィオニエ30%。

 な、なんやこのブログはッ!!!?
 同じ白ワインやのに、昨日のワインとは、ケタひとつ違うがな!

 マッセート と同じ、豪華な3本木箱入り。
 ちなみに マッセート は今、小売¥90,000 らしいよぉ。

 ご興味ある方は、ご連絡お待ちしておりまする。
 あ、ウチのお客さんに限りますよぉ。




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! ですよぉ。~
[PR]
by enotecabianchi | 2016-04-05 20:24 | 少量入荷! | Comments(0)

 うららかやね。
 こんなん入荷しましてん。↓

d0212522_19192346.jpg

シャルドネ “ブッシアドール” 2012 と バローロ “ブッシア” 2011 (アルド・コンテルノ)

 モンフォルテ にある バローロのグランクリュ、「ブッシア」。
 70ヘクタール の畑を、10の生産者が分け合う。
 アルド・コンテルノ はその筆頭といえようか。

 このワインの生産本数は知らないが、上のクラスの 「チカーラ」 は10,000本だから、同じか それよりも多いくらいだろう。
 同じく 「ブッシア」 を所有していて ウチでも扱っている カッシーナ・バッラリン の生産本数が 2,000本 を考えると、やはり ブッシア = アルド・コンテルノ なのよね。

 にもかかわらず、日本での流通がよろしくないのは、なんでやろね??

 6本ずつしか入らなかったので、どうやって案内するか思案中。
 ご興味ある方、ご連絡お待ちしているなり。




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ なり。~
[PR]
by enotecabianchi | 2016-03-03 19:32 | 少量入荷! | Comments(0)

d0212522_20235125.jpg

ガッティナーラ “レ・カステッレ” 2008 (アントニオーロ)

 ワインを選ぶ基準は、いろいろある。
 個人的に好きなワインだけを扱っていたら、ただの趣味だ (多いけどね)。
 立場上、扱わねばならないものもあるし、
 商業的に扱っているものも、ある。
 嫌いなワインは扱わないが、ワインを嫌いになること自体、ほとんどないねん。

 もうひとつ、扱う理由がある。 それは、

「もっと知られてほしいから。」

 というもの。
 今回取り上げたワインも そのひとつ。

 アントニオーロ のガッティナーラ は、今のインポーターが扱いはじめた頃から、ウチのリストに載っている。
 ランゲで造られるネッビオーロとは、明らかに違う個性。

 それなりの時間がかかるが、待った後の味わいを知れば、寛大にもなるよ。

 南向きの畑、「レ・カステッレ」。
 2008年。

 まだ若いが、計り知れぬ熟成のポテンシャルを、垣間見れる。

 限定36本。
 もうインポーターには在庫が無いようだから、

 早めに、
 ご注文、

 ね ♡




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ ね ♡ ~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-12-07 20:35 | 少量入荷! | Comments(0)


 アルト・アディジェ 最大級、そして最高評価を獲得し続ける協同組合、

< サンミケーレ・アッピアーノ >

 年間生産量200万本を超える生産力を持っていながら、最高評価を維持する努力は、並ではない。
 組合員である数多の生産者を統制する力、そして彼らが畏敬の念を抱いて遇するのは、

 エノロゴ・オブ・ジ・イヤー にも輝いた、ハンス・テルツァー その人だ。

d0212522_18373915.jpg

 アッピウス 2010 (サンミケーレ・アッピアーノ)

 ハンス・テルツァー が抱いていた夢のワイン。
 入荷しましてん。

 圧倒的な生産量を誇る同社が、このワインに関しては、

 たったの 4000本。

 それを世界の アッピアーノ・ファン で分け合うというのだから、取り合いになって当然だ。

 ウチに届いたのは、

 2本。

 やねん。


~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ やねん。~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-08-25 18:44 | 少量入荷! | Comments(0)