ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

カテゴリ:少量入荷!( 22 )


 むふッ♡
 買っちゃった~ッ ♬
d0212522_19311527.jpg
キアンティ・クラッシコ・グランセレツィオーネ 2010 (イゾーレ・エ・オレーナ)

 僕の知る限り、キアンティ・クラッシコ 最高価格。
 3本 木箱入りて、エエわぁ ♬

 最高品質、とはいわない。
 感じ方はそれぞれだからね。

 イゾーレ・エ・オレーナ のグランセレツィオーネ のファーストヴィンテージは、2006年。
 ん?
 その時代に グランセレツィオーネ なんてないんじゃないの??
 その通り。
 確かに 2006年に グランセレツィオーネは存在しなかった。
 だが、その最高で特別なヴィンテージのワインは、オレーナのカンティーナで静かに眠っていた。
 グランセレツィオーネが制定された時、当主パオロ・デ・マルキ はこのワインを グランセレツィオーネとして申請した。
 バックヴィンテージはグランセレツィオーネに認められない、という規定はなかったので、事実上、「最も古い」 グランセレツィオーネが誕生したというわけ。
 それだけ思い入れの強いワインだから、味わいは、お墨付きだ。
 価値を見出せるかは別として。
 僕は見出したから、買った。
 飲んだ時、チェッパレッロ とは明らかに違うキャラクターを感じたが、しかし確かに 共通するものがあった。
 そして、熟成したらどんなすごいワインになるのだろうか?
 という大いなる期待が沸き起こった。
 ちなみに、オレーナがグランセレツィオーネを造ったのは、2006年、2010年、2013年だ。
 その先はまだ知らない。
 次にリリースされるのは少なくとも3年先。

 ご興味ある方は、お問い合わせ下さいませね ♡

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 年末ワイン、揃い始めてますわよ ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-10-02 19:48 | 少量入荷! | Comments(0)

d0212522_20401142.jpg
イル・グエルチォ 2015 (ショーン・オキャラハン)

 9月5日。
 ご案内の通り、今日は 「イル・グエルチォ」 のリリース日。

 このワインを初めて飲んだのは 今年の春、5月のこと。
 夏を通り越して秋に入荷するワインを、その場でテイスティングして予約数量を決めるなど、今までほとんどやったことがない。
 でも飲んだ時のその驚きたるや!

 それなりの価格のワインだから、90本 予約したのには それなりの覚悟を要したが、
 それが、足りないとはね。。。

 甘くみてたぜッ! ショーンくん!

 9月DMが届いた時から問い合わせが始まり、現段階でほぼ完売。
 これから先は、数量を調整させて頂く可能性があります。
 すんません!

 お買い上げ頂いた方々。
 是非、ゆっくりお楽しみ下さいませね。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 美味しいワイン いっぱい ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-09-05 20:56 | 少量入荷! | Comments(0)

d0212522_18501685.jpg
ヴィーニャ・ヴェッキア 2012 (イ・ジュスティ・エ・ザンツァ)

 これも、新着。
 もっとも、リストには載っていない。
 マグナムボトルで しかも数本しか買えなかったさかいにね。

 2月、イ・ジュスティ・エ・ザンツァ のオーナー、パオロ・ジュスティ さんが来日、ディナーをご一緒した。
(その時の模様は → コチラ!
 同社は、リリースする全てのワインに オペラ <愛の妙薬> の登場人物の名をつけている。
 そうそう。 うしろに写っている ドゥルカマーラ は、その愛の妙薬を売る 薬売り、てな具合。
 しかしながら 今回のこのワインにだけ、登場人物の名を つけなかった。
 パオロさんは、「つけられなかった。」 とも言っていた。
 確かに、ドゥルカマーラ、ネモリーノ、ベルコーレ とくれば 残るは ヒロインの 「アディーナ」 しかないけれど、このワインは彼女のような 「可愛い女性」 のイメージでは全くない。
 ヴィーニャ・ヴェッキア は、サンジョヴェーゼ100%。 良い年にしか造られない。 そして、
「このワインは マグナムに詰めてこそ完成する。」

 味わってみれば、彼のこの言葉は即座に理解できる。
 フルボトルではこの味わいは 絶対に出ない。
 味わいが、大きいのだ。

 古木のサンジョヴェーゼ100% で造るなら、マグナムしか造らない。
 粋なオトコ、パオロさんの 粋な はからい。
 でも 理由はちゃんと、あるのよね。

 そんなわけで 市場にはほとんど出回らない。
 この知る人ぞ知るワインは、これからしばらく 眠りに入りますねん。

 あ、でもご興味ある方は、連絡待ってまーす ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! マグナムも充実 ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-07-06 19:11 | 少量入荷! | Comments(0)

d0212522_20395998.jpg
キアヴェンナスカ・ビアンコ 2016 (ニーノ・ネグリ)

 今年も入荷 ♬
 ネッビオーロで造る、涼しい白ワイン。

 限定入荷やねん。
 詳細は、お手元に届いたDM 見てね ♡

 チャオ ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! Buon fine settimana ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-04-28 20:43 | 少量入荷! | Comments(0)
d0212522_21001880.jpg
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・リゼルヴァ 2010 (ポデーレ・サンジュセッペ)

 大袈裟な酒販店なら、
 キターーーーーーーーーーーッッッッ!!!
 とか 書くんやろか? (あ、書いてしもてるね w)

 入手困難だから、という理由で販売したくない、秀逸なブルネッロ。
 自分用に、何本か取っておくとしよう。

 前年から、リゼルヴァ が表記されるようになった。
 造りが変わったのでは ない。
 彼女の納得のいくやり方で造ると必然的に、リゼルヴァの規定を満たす。 それだけなのよね。

 このワインこそ、
 深く~ 解って~ ♬ 飲んで~ ほし~ ♬

 なんや 上田正樹の 「わがまま」 みたいになってしもた~ w

涙をみせずに笑ってあげる
あなたの最後のわがままだから

 エエなぁ~。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! はい。 ワインのブログですよ w ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-04-01 21:08 | 少量入荷! | Comments(0)

 イタリアにおける 「世界的造り手」。
 ガヤ や オルネッライア がその筆頭だが、やっぱり ピエモンテとトスカーナ に集中する。
 アルト・アディジェ州なら、どこか?

d0212522_17553010.jpg
 テルラン。
 僕ならそう答えるだろう。

ピノビアンコ 2004

 最良の ピノビアンコ を収穫・醸造して、出荷するまでの実に12年間、
 ステンレスタンクで熟成される。

 市場にはほぼ、出回らない。 そのため、輸送途中で窃盗団の標的になることもあるのだとか。

 圧倒的多数で 「赤」 が多い 「世界ワイン」 にあって、
 この 超高額白ワインは、貴重だ。

 何本入荷したかて?

 フフッ w

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 高いで w ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-03-24 18:03 | 少量入荷! | Comments(0)

 ウチにとっては 「変わり種」 の新商品をば。

d0212522_18514831.jpg
オーリオ・エクストラヴェルジネ・ディ・オリーヴァ・ビオロジコ 2016 (カペッツァーナ <ボナコッシ伯爵家>)

 そう。 オリーヴオイル。
 先の メーカーズディナー ( → コチラ!) で 井口てんちょが、その日の主役に据えたオリーヴオイル。
 伯爵は、ワインよりも このオリーヴオイルに心血を注ぐ。 (言い過ぎかな?)
 実際、ブドウ畑よりも オリーヴ畑の方が広い。 140ヘクタール て!
 にもかかわらず 生産量は極めて低く、世界で割り当て数量が決まっているのだそうだ。
 ヴィンテージ表記は、その自信の表れだ。

 色は、このラベルがうまく表現している。 深~い みどり色。
 旨みが ギュッ! て詰まっているから、透明ではなくちょっと白濁している。
 だがしかし 香味は、濃いのではなく エレガント。
 引っ掛かりがまるでなく、極めてスムースな喉ごしは、収量と圧搾量を抑えることで得られる贅沢。
 まさしく、飲めてしまうオリーヴオイルだ。
 僕のようなシロートが飲んでも、めっちゃ上質なのは すぐに解る。
 世界が求めるわけだ。

 このヴィンテージは、11本しか入荷しなかった。
 え? なんで入荷数が 素数なのかって?
 1本は自宅用やさかいにね w

 ご興味ある方は、今すぐッ! テレホンッ!!

業務用イタリアワインなら(オイルも)! エノテカビアンキッ!! 王様の 「深紫伝説」 にかけたんやけど、分かる人いるのか?? ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-03-18 19:16 | 少量入荷! | Comments(0)

 ロゼの問い合わせが増えると、
「お、そろそろ春やな、季節もココロも。」
 なんて思ってしまう。

d0212522_18374786.jpg
ランゲ・ロザート 2015 (ブレッツァ)

 ブレッツァは伝統的バローロの造り手として知られる。
 昔は古巣 エトリヴァン が輸入していて、このクラシカルなバローロを嬉々として売り歩いていた。
 巡り巡って、改めて扱うことになった最初が ロゼ、っていうのも なんやオモロいな。
 バローロも近々、検討するとしよう。

 バローロ村のグランクリュ、サルマッサ、カステッレーロ、カンヌビ に畑を所有し、そこで造られるバローロは、クラッシコ そのもの。
 そしてこの ロザート に使われるネッビオーロも なんと! これらの グランクリュから収穫されたもの (スゴイヤンケ! )

 ロザートに求める爽やかさとみずみずしさ、アフターに ネッビオーロ特有のボディを感じる。
 エレガントだが、存在感がある。

 来週中頃に、入荷するねん。
 すンげー、ロゼやねん。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 移ろう季節に、ココロ躍るね ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-03-17 18:51 | 少量入荷! | Comments(0)

 昼から終日、同行営業やさかいに、早めのアップ~ッ。

d0212522_13375098.jpg
ブッシアドール 2013 (アルド・コンテルノ)

 こんなんも、入荷しましてん。
 よろしければ是非ぃ。

 高くなったとはいえ その上がり幅は、そう大きくはない。
 びっくりしたのは 「グランブッシア」 の価格。

ろくまんいぇん、って。。。

 ここ10年で小売価格が3倍になったね。
 なんやろね?

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! お問い合わせ、待ってるなり。 ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-03-15 13:51 | 少量入荷! | Comments(0)

 年の瀬に、こんなん、届いてん。
 先ゆーとくけど、メタルスライムとちゃうでw

d0212522_19044846.jpg
グラッパ・ディ・アマローネ (ザーニン)

 ザーニンはヴェネト州のグラッパメーカー。
 ウチにも来てもらったことがある。
 ソフトプレスした搾りかすのみ、そして地元ヴェネト州のものしか扱わないという徹底ぶりは、グラッパの味わいに如実に表れる。
 つまり、果実の豊かさを感じさせる、「フレッシュでみずみずしい」グラッパとなるのだ。
 スタンダードのグラッパですら、いい仕事ぶりがはっきりと味わいに反映されているから、彼らが造る中でもトップクラスのこの アマローネのグラッパを、期待せずにはいられない。
 限定入荷やさかいに、レストランで見かけたら、飲むべし! 飲むべしッ!!

 今日、届いたケースを開けてびっくり! ↓
d0212522_19160238.jpg
 仕切りの意味 成してないがなッ!!
 よくコレでイタリアから届いたもんだ。
 物流がスゴいのか、これで出荷するノーテンキな造り手がスゴいのか。
 いずれにせよ、無事に届いてよかったよかった ♬


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 食後酒も充実ッ♬ ~



[PR]
by enotecabianchi | 2016-12-13 19:23 | 少量入荷! | Comments(0)