ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

カテゴリ:比較すると見えてくる。( 3 )


d0212522_18445847.jpg
ルガーナ たち

 新しいワインリストに反映されるテイスティングも、いよいよ大詰め。
 今日は、今 各インポーターが注目している (であろう)、“ルガーナ”。
 昨日の クストーザ と同じく、色んなスタイルの ルガーナ が市場を賑わせている。

 ウチが現在扱っているのは、左の 「テヌータ・ロヴェーリア2015」。
 改めて飲んでみて、ビックリしてしもた。
 メチャ 美味しいッ!
 オレの <うねうねメモ> には、
「果実味、ミネラル、落ち着き、おいしい!」
 とある。

 そして今回、採用となったのが、右の 「カッシーナ・マッダレーナ “カポテスタ” 2016」。
 ハッとするような個性。

 ロヴェーリア が、「果実味」 が先にくる美味しさなら、
 こちらは 「ミネラル」 が先にくる。
 カタいが、クセになる味わい。
 ルガーナ の テロワール を強烈にアピールするワインなので、好き嫌いが分かれると思うが その分、
 熱烈なファンを獲得するに違いない。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! クストーザもルガーナも、エエのんいっぱい ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-07-25 18:57 | 比較すると見えてくる。 | Comments(0)

 リスト更新の時期にしか できない (てかしない) テイスティングって、あるよね。
d0212522_18400998.jpg
クストーザ たち

 共にすでに名前の通っている クストーザの造り手の、ベースラインと 「ひとつ上」 のものを比較テイスティング。
 オモロいわぁ ♬

 比べれば、造り手の方向性がバッチリ見える。
 どれもはっきりとしたコンセプトながら、新しいリストには この中から1アイテムのみの採用となった。
 気持ちは全部載せたいけれどもね (偽善やなこれ)。

 中には、次(11月)に載せたいと思うワインもあったりするので、
 複数回 有償サンプルをお願いすることがあるけれども、そういう理由やさかいに、
 許しておくれやすぅ~。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 明日もッ ♬ テイスティングッ ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-07-24 18:53 | 比較すると見えてくる。 | Comments(0)

 シャンパンを、産地呼称ではなく、「辛口のスパークリングワイン全般」 と思っている人は、今でも多くいる、らしいね。
 かつて、同じような経験をしたワインが、他にもあった。

 「シャブリ」 がそれだ。
 産地呼称ではなく、「辛口の白ワイン全般」 と思っている人がね。
 あ、シャンパン現象みたく、今でもいるのかな?
 規則が厳しくなかった時代、「シャブリ」 を名乗るワインは 世界中で造られていたそうだ。

 レストランで、
 普段 シャブリ をよく飲むというお客さんに、シャブリを持って行ったら、

「へぇ、フランスでも シャブリを造っているんですね。」

 なんて 冗談みたいな会話があったそうな。
 そやから今日は、シャブリをばw

d0212522_18550295.jpg
シャブリ (あとよまれへん)
と、
シャルドネ “ヴィッラ・カルネイド” 2016 (カステルフェデル)

 久々にお客さんから シャブリの問い合わせを頂いたもんやから、
 ウチのワインと比べてみたくなって、仕入れてみた。
 時にはそういう比較テイスティングも、オモロいやん。

 「闘うワイン商」 さんみたく、レポートしてみよかな。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 世界のワインと 比較するのだよッ!! ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-07-04 19:04 | 比較すると見えてくる。 | Comments(0)