ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

カテゴリ:再入荷!( 31 )


d0212522_21110341.jpg
ソアヴェ・クラッシコ “ラ・フロスカ” 2014 (ジーニ)

 先の同行営業で改めてテイスティングして、またリストに掲載することとなった。
 やっぱり美味しいわ。
 少し前にも掲載されていたが、惜しまれつつも姿を消していた。

<ソアヴェ と ソアヴェ・クラッシコ は、違うものだ。>

 飲み比べたとき、否応なく かつ爽快に、そう思わせる存在感が、このワインにはある。
 太いワインではない。
 透明なミネラルが、スーッ と長く伸びる。

 女性よりも男性に喩えたくなるような 硬派。
 日々の鍛練で鍛え上げられた しなやかな筋肉を纏う バレエダンサー、みたいな。
 半端ない跳躍力を持っていながら、オトコの色気をも感じさせる、みたいな。

 このヴィンテージは ラ・フロスカ 30周年。 記念のラベルとなった。
 30年造り続けるって、すごいな。
 でもこの造り手がもっとすごいのは、所有する畑の樹齢。
 最も若い畑でも、平均60年。
 そして現当主は、一度も ガルガーネガ を植えたことがないという。

 だからこその、このミネラル。
 ジーニ にしか造りえない、味わいなのよねぇ。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! たまに、「ジーニー」 て伸ばす人いてるけど アカンで。 それ魔法のランプの住人やさかいにね w ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-07-14 21:27 | 再入荷! | Comments(0)

 明日は 「夏至」 だそうな。
 一年で最も昼が長い日。
 そんな日は、なにしよう?

d0212522_19462006.jpg
OP.95 (コルマーノ) と 名盤と

 陽のあるうちから、音楽聴いて、それにちなんだワイン飲む、っちゅうのも、
 贅沢でよろしいやん ♬

 誰もが知っているメロディは、このワインをより深い味わいへと導く。

 OP.95、再入荷。
 待っていた人、お待たせしました。
 初めて見る人、その美味しさに驚いてね。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ワインと音楽のアッビナメント ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-06-20 19:58 | 再入荷! | Comments(0)

 同行営業やさかいに、今日は早めのアップ。 あ、今日は日本人やで w
 欠品していた人気の ピノネロたちが、再入荷 ♬

d0212522_11204094.jpg
サンクトヴァレンティン・ピノネロ 2012 (サンミケーレ・アッピアーノ)
と、
ピノノワール 2016 (テルラン)

 テルラン、もう2016年なのね。。。
 最高評価を獲得し続ける ふたつの協同組合。
 サンミケーレ の代表は、ハンス・テルツァー。
 テルラン は、クラウス・ガッサー。

 ホントにイタリア人?? なんて思ってしまう。
 ラベルを見ても、ドイツ語の方が幅を利かせている。

 でも、これもまた、イタリア なのよね。
 あ、どっちも美味しいで w ( テキトーカ! )

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! エエやん ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-06-14 11:30 | 再入荷! | Comments(0)

 世間は、G.W.真っ只中。
 伯父の七回忌だった昨日、身内にめでたいニュース。
 そやから いっぱい 飲みましてん。 あ、いつもか w
 G.W.も元気に二日酔いで、営業中!

 ひとめぼれ したこのコが、再入荷。↓
d0212522_18510987.jpg
ブラン 2014 (テヌータ・マッツォリーノ)

 厳しく選定したシャルドネを、バリックで発酵、ステンレスでの熟成を経る。
 いわゆる 「シャルドネ・バリック」 の香味だが、玄人が好みそうなタイプ。 いや、「ストライクゾーンが広いワイン」 というべきかもね。

 美しいだけでなく性格も良いコ、みたいな。
 話せば知性が顔を覗かせて、もっと知りたい と相手を惹きつける、みたいな。
 このコを嫌いだなんていう人は、いないのではないか。

 そんなワイン。
 その奥深さに、ハマってみてね ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 明日も元気に営業しまっす ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-05-04 19:11 | 再入荷! | Comments(0)
d0212522_18121460.jpg
シャルドネ “マゾライナー” 2015 (ケットマイヤー)

 しばらく欠品していた人気アイテム。
 入荷しましてん。
 いつでもどうぞ~。
 3月末まで、以前と同価格。
 だがしかし、4月から、まぁまぁな幅で、価格が変わる。
 ここに敢えて書く、いうことは?
 そう。 値上げだ。
 3月中にご購入されることを、おすすめしまするよw

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 4月は価格改定多いかも。 ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-03-08 18:21 | 再入荷! | Comments(0)
d0212522_17022670.jpg
キアンティ・クラッシコ・リゼルヴァ “モントルネッロ” 2013 (ビッビアーノ)

 再入荷~ッ ♬
 待って頂いた皆々様、お待たせしましたッ!
 いつでも出荷可能です~ ♬
 まだ飲んでへんから、感想は後日やで~。

 しばらく長ーい ブログが続いたさかいに、今日はこのへんで w
 そういや今日は、「プレミアム・フライデー」 やね。
 ウチには何の関係もないけれどもな。

 ほなみなさん。
 Buon fine settimana !
 アシタモシゴトヤケドナ !


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 欠品アイテム続々入荷ッ ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-02-24 17:10 | 再入荷! | Comments(0)
d0212522_20260971.jpg
ピノノワール・ヴィニフィカート・イン・ビアンコ 2015 (ラ・クロッタ・ディ・ヴェニェロン)

 これもまた、例の 「品種別試飲会」 で 採用を決めたワイン。
 個人的見解として 2015年は、果実味が前面に表れている。
 ただ、アオスタはやっぱり寒冷地。 甘くなりすぎないところが、
 ええやん。

 そんなわけで、新しいリストにも掲載されてるさかいに、
 試してみておくれやすぅ ♡

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ええやん。~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-02-01 20:31 | 再入荷! | Comments(0)
d0212522_18461074.jpg
チェラスオーロ・ディ・ヴィットーリア・クラッシコ 2012 (ヴァッレ・デッラカーテ)

 以前、あるシチリア料理専門店のナイスガイに、
「イタリアワイン専門て謳っていながら、シチリアで唯一のDOCGワインを置いてないて、
 どーいうことや? オラ!」

 て言われてたから、個人的にその個性を最も表しているであろう造り手のものを、
 テイスティング、仕入れるに至った。

 なぜそう思っていながら 今まで扱わなかったのかて?
 それには、「物流」 という問題が立ちふさがっていたからなのだよ。
 インポーターによって 「発注ロット」 は様々。
 ウチにとってこの造り手のインポーターは、「難しい方」 に属していた。
 少し前までは、ね。
 話し合いの結果 しばらくは、スムースな物流システムを提供して下さったので、
 改めて扱うことになったというわけ。

 ネロ・ダーヴォラ からは力強さと滑らかさを。
 フラッパート からは、明るい色あいと心地良い香りを。
 若干漂うスパイシーさは、うんうん 想った通りやね。

 かの ナイスガイにも、報告しよっと ♬

 美味しいで ♡


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ロジスティクス大事! ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-01-07 19:04 | 再入荷! | Comments(0)

d0212522_19561812.jpg
ジョセフ 2015 (ホフスタッター)

 新しいヴィンテージ、入荷しましてん。
 イタリア最高の ゲヴュルツの造り手が手掛けるだけに、とにかくリピート率の高いワイン。
 ジョセフ・ファン、広がっとるなぁ。

 品種特有の、「豊潤」。それでいながら、酸とミネラルをバランス良く持ち合わせる。

「お前は次に、『お、美味しいッ!!!』 と言う。」

 飲んだ瞬間、そんな声が聞こえた人は、オレとだいたい同世代、やでぇ ♡

 また読みたいなぁ。
 ジョセフ・ジョースターの巻 ♬


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 刻むぜ!波紋のビート! ~


[PR]
by enotecabianchi | 2016-12-27 20:14 | 再入荷! | Comments(0)
d0212522_19375647.jpg
ノエリア・リッチ の、ブロ2015 と イル・サンジョヴェーゼ2014

 待望の入荷。
 「標高が高いだろうな」 とはあまり考えない エミリア・ロマーニャ州において、このワインが造られる 「プレダッピオ・アルタ」 は、400メートルを超える丘陵地。

 イメージとちゃうね。

 そして更に、その標高にもかかわらず、昔、ここは海だった。 そやからクジラのラベルね。

 これもまた、イメージとちゃう。

 標高と土壌を考えれば想像できる味わいではあるが、エミリア・ロマーニャ のそれかというと、これもまたイメージと違って 「嬉しい驚き」 がある。

 この造り手には会ったことないけれど、イタリア人特有の 「ファンタジスタ」 なんやろなぁ。。。
 なんて考えながら箱を開けたら、なんやのん! 貝殻の絵がいっぱい ♡

 そう、画像は ケース段ボールの裏側やねん。
 こんなオサレな裏側、見たことないわ ♡

 ファンタジスタ!
 間違いない。

 箱欲しい人は、ケースで買ってね ♡ (6入り)
 あ、ちなみに、イル・サンジョヴェーゼ の裏側は、ハチさんが、いっぱいやでぇ ♡


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 佳き造り手は、細部にまで拘るのよね。 ~



[PR]
by enotecabianchi | 2016-11-16 19:50 | 再入荷! | Comments(0)