ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

カテゴリ:再入荷!( 31 )


d0212522_20553298.jpg
ブロ 2016 (ノエリア・リッチ)

 ピシッと、筋の通った白。
 このワインが造られる プレダッピオ・アルタ は、エミリア・ロマーニャ州で最も標高が高いが、
 それでありながら 昔、ここは海だった。
 畑からクジラの化石が出てきたから、このラベルになったのだとか。

 味わいが、その取り巻く環境を容易に想像できるワインは、
 サーヴィスする側にとって非常にありがたい存在だ。
 お客さんはその話を聞いて味わえば、何故その味わいなのかが理解でき、大いに納得できるからだ。

 このワインが売れに売れている理由は、このあたりにあるのかもね。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ところでキミキミ、狙ってる獲物 大きすぎちゃうか? ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-10-06 21:06 | 再入荷! | Comments(0)

d0212522_13191131.jpg
ランゲ・ビアンコ 2015 (ロアーニャ)

 キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッッッッ!!!!

 大袈裟やね。
 再入荷でございますわよ ♬

 ロアーニャ が、シャルドネ90% にネッビオーロをブレンドして造る白。
 口に含めば、そこにはネッビオーロ が確かに存在する。

 この季節にもってこいのワイン。
 早めのオーダーを。

 発注したら既に無い!
 って事態が最も多いワインやさかいにね。。。
 大袈裟に書くのも、頷いてもらえるかも。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 秋ですね ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-09-25 13:25 | 再入荷! | Comments(0)

d0212522_13444640.jpg
チンクエ・テッレ 2016 (カンティーナ・チンクエテッレ)

 はい。
 再入荷~ッ ♬
 
 この季節にあると嬉しい ラベルまでも涼しげな白ワイン。
 飲めば、潮風が吹き抜けること、うけあい ♬

 待って頂いた方も、「初めて見たわ~」 て方も。
 期待を裏切りますまいぞ。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 潮風ワイン、他にも多数あり〼 ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-09-19 13:53 | 再入荷! | Comments(0)

d0212522_18562628.jpg
イル・ロッカフィオーレ 2014

メログラーノ 2015

 人気ワインが再入荷 ♬
 ウンブリアのサンジョヴェーゼ。

 あまりにキャッチーなラベルやから、敬遠する人もいるかも。
 でも安心して下さい。
 ちゃんとしてはりますよ、中身。

 数ヶ月前、生産者が来日。 東京だけのプロモーションだったようだが、その後、瞬く間にインポーターの在庫が底をついた。
 説得力ありありの中身を 造り手が説明するんやから、
 この現象は 必然だ。

 これから先は 欠品せぇへんらしいから、
 安心して、オンリストして下さいませね ♡

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 9月新着、完成! 近々お手元に! ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-08-30 19:02 | 再入荷! | Comments(0)

d0212522_18463002.jpg
サトリコ 2016 (カザーレ・デル・ジリオ)

 人気ワインが続々 再入荷~ッ ♬
 今注目されている ラツィオ州のワイン。
 中でも、世界的な脚光を浴びている造り手、「カザーレ・デル・ジリオ」。
 サトリコは、同社 が手掛けるワインで 最も人気のあるワインなのだとか。
 同社のエントリー・ライン だけに、「強さ」 よりも 「飲みやすさ」 を身上とする。
 そのために毎年、3つのブドウ(シャルドネ、ソーヴィニョン、トレッビアーノ) のブレンド比率を変えて、最高に飲み心地の良いワインをリリースする。

「地元ではどんなお料理に合わせるのん?」

 の問いには、
 
「スピーゴラ (スズキ) の岩塩包み焼。」

 と即座に返ってきた。

 あ、ものすごいお腹すいてきた。。

 持って帰って、テイスティングしてみよッ ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ええやん ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-08-21 19:13 | 再入荷! | Comments(0)

d0212522_20113907.jpg
レアルダ 2015 (アンセルミ)

 本日 再入荷 ♬

 こういう、名前も味わいもお墨付きの良いワインが欠品すると、代わりのワインを提案しにくい。
 そやから、頼んまっせ インポーターさん!

 カベルネに求められる、力強さとリッチな味わい。
 レアルダに求められる、カシスリキュールのような濃厚さがありながらも、飲み疲れないエレガントさをも併せ持つ個性を、
 このヴィンテージも備えているかな?

 期待しながら 落ち着かせて、飲むとしよう。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ロベルトは今や、孫にメロメロのおじいちゃんやねん ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-08-18 20:18 | 再入荷! | Comments(0)

d0212522_18555794.jpg
ランゲ・ロッソ 2011 (ロアーニャ)

 新ヴィンテージ入荷!

 「ランゲ・ロッソ」 という DOC は、難しいね。
 テーブルワイン的に造る人もいるし、エリオ・アルターレ みたく プレミアムワインに位置付ける人もある。
 ブレンドもの もあるし、単一もある。

 ロアーニャの ランゲ・ロッソ はというと、
 ネッビオーロ100%。
 しかもそのネッビオーロは、バローロの 「ピラ」 と、バルバレスコの 「パイェ」 からのものを使っている。
 彼らの考えでは 「若い」 部類に入る、樹齢20年のものをね。

 その中身を考えれば、メチャクチャ安い。
 今回は600本 入荷したそうだけど、秋にこそ飲みたいこのワイン、それまで残っているのか!?

 お盆明けから、出荷オッケーでーす ♬


夏季休暇のご案内
8月13日(日)~15日(火)までお休み頂きます。
16日(水)から通常営業です。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! それに伴い、このブログもお休みですねん。 ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-08-12 19:13 | 再入荷! | Comments(0)

 ボトル形状は、そのワインの味わいを端的に示す。
 その代表格は、「ボルドー」 と 「ブルゴーニュ」 ね。 あと、「アルザス」 なんかもそうね。

 イタリアは どうか?

 昔ならば、「キアンティ」 や 「ヴェルディッキオ」 がそうか。
 当時はスタイリッシュで よく売れただろうが、やがて品質が低下し、観光客用ワインへと成り下がり、
 そして誰も使わなくなった。
 たまに見かけると、なんかちょっと嬉しくなるけどね。

 そう考えていくと、フランスのマーケティング力って、すごいな!なんて思う。
 
 今のイタリアには、フランスのその成功にあやかって ボトルをセレクトしているように思えるワインが 見られるね。

d0212522_19115272.jpg
エトナ・ロッソ 2015 (バローネ・ディ・ヴィッラグランデ)

 届いてビックリ! ボトルもラベルも、フルモデルチェンジ!

 最近特に、ボトル形状が変わる DOC のひとつに、「エトナ・ロッソ」 がある。
 無論、ボルドーからブルゴーニュへ。
 今や ウチで扱う エトナ・ロッソ でボルドータイプのものは、ベナンティの 「ロヴィテッロ」 だけになったが、このワインだけは ボルドーであり続けてほしいなぁと思うのは、僕だけだろうか?

 時代の流れなのか、造り手のスタイルか。
 ともあれ 造り手は、より良いものを造りたいと努力しているわけだから、
 期待して、落ち着かせて、
 飲んでみようじゃないか。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 飲んだらまた 報告するなり。 ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-08-04 19:33 | 再入荷! | Comments(0)

 昼から営業やさかいに、早めのアップ~ッ ♬

d0212522_10585016.jpg
ソーヴィニョン “ウィンクル” 2016 (テルラン)

 返り咲きワイン その弐。
 まとめてテイスティングした中の一つに このワインがあったが、
 群を抜いた存在感を放っていた。

 ソーヴィニョンという品種に求める爽やかな香り。
 涼しい味わいと長く伸びるアフター。
 それに加えて、心地良い飲み応え。

 夏はもちろん、あらゆる季節に飲んで美味しいソーヴィニョン。
 永い歴史と経験に裏づけられた 説得力ある味わいを体感したいなら、
 飲むべしッ!
 飲むべしッ!!

 あ、このワインは 6ページに掲載されてるので、安心してね香川さん ♡

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! お詫びを兼ねて。 美味しいよ ♡ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-08-03 11:08 | 再入荷! | Comments(0)

 昨日の投稿に対する 思わぬ反響に、なんやビックリしてますねん。
 時々、問いかけてみるわね。

 そやから今日は、短めで w

d0212522_20305249.jpg
クラトス 2016 (ルイジ・マッフィーニ)

 めでたく リストに 返り咲き~ッ ♬
 確かこのワインも、輸入が開始された時から扱っているから、長い付き合いになるね。

 心地良いミネラル。
 フィアーノ らしく よく香るが、アヴェッリーノ のそれとは 少し違う。
 アヴェッリーノ は主に、フィアーノの語源通り、甘く ふくよかで、ミネラルを有する。
 無論、例外もあるけどね。

 クラトス も同じく魅惑的ではあるが それは、「南国的ふくよかさ」 というよりも、
「エレガント & スレンダー」 な個性。
 インポーターの説明に、「洗練」 とあったが、この フィアーノ には最適な言葉と思う。

 そうそう。
 初めて出合った時も、そこに惚れたのよね。
 そして今も、その気持ちは変わっていない。

 やっぱり好きなんだッ!!
 クラトスッッ!!

 そんなワイン、やねん (はぁ?)

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! シュッとしたワイン、好きやねん ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-07-29 20:45 | 再入荷! | Comments(0)