ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

カテゴリ:美味しい食後酒。( 14 )


 雨のおかげで 涼しい朝になったね。
 そんな爽やかな風に乗って、こんなん入りましてん ♬

d0212522_19561815.jpg
アッバツィーア・ディ・ノヴァチェッラ の、
グラッパ・ディ・ケルナー
グラッパ・ディ・ゲヴュルツトラミネール

 人気のグラッパやね。
 ストレートでシャープなアルコール感に、
 それぞれ品種特有の果実味と甘味が伴う。

 アルト・アディジェ では、ワインも グラッパも、道路標識までもが、イタリア語とドイツ語を併記しているんやけれども、

STIFTSKELLEREI NEUSTIFT

 なんて読むねん?
 こんどタモリさんに聞いてみよ。 きっと面白い発音してくれると思うわぁ。
 あ、そうそう。 タモリさんの「7か国語バスガイド」 オモロいでw → コチラ

 イタリア専門でよかった ♬
 
業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! グラッパも充実 ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-08-26 20:15 | 美味しい食後酒。 | Comments(0)

d0212522_21044169.jpg
エリージ (ベルタ)

 ラベルに日本語が入ったね。
 「福祉のエリージ」
 ボトルの裏ラベルには、

<ベルタ蒸留所は ミラノにある 精神的、知的障害者の社会参加をサポートするための非営利団体「友愛と友好協同組合」のプロジェクトを支援しています>

 とある。
 突然届いたから何のことか分かれへんけれども、そのうちきっと担当さんが、深~いエピソードを教えてくれるに違いないw

 楽しみに、待っているとしよう。
 
業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! エエやないの ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-04-22 21:10 | 美味しい食後酒。 | Comments(0)
d0212522_18390984.jpg
オルトレ・イル・ヴァッロ (ベルタ)

 新着~ッ! っちゅうても、もうすぐなくなるな。
 このグラッパの説明は、
「蒸留後、・・・」
 から始まる。 つまり、ブドウ品種は企業秘密(かな?)。
 24か月 バリックで熟成されたあと、スコッチウィスキーの樽で更に24か月 熟成されたもの。
 スコッチ好きなら誰でも知っている 「ラガヴーリン」、「カリラ」、そして 「モートラック」 の樽を使っているのだとか。

 なんやすごいがな。

 ラガヴーリン。
 昔、ウチにもあったねぇ。
 なんにも知らずに アイラ島へ行って、すっかりカブれて帰国したオレ。
 当時すごい品揃えを誇っていた タカムラさんに急行し、いそいそと購入した。
 しこたま飲んだ 超二日酔いの朝、わずかにグラスに残ったラガヴーリンの放つ香りは、まるで悪夢のようだったね ♬

 グラッパの多様性を知るに、最適なアイテムと言えようか。
 お店で見かけたら、飲むべし!
 飲むべしッ!!

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! グラッパも充実 ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-04-05 18:59 | 美味しい食後酒。 | Comments(0)

 今日はお昼から出掛けるさかいに、早めのアップ~。

d0212522_09352335.jpg
アマラ

 ありそ でなかった、ブラッドオレンジのリキュールッ!
 甘くて深い、魅惑的な香り。
 もうそれだけで 酔えるね。
 ブラッドオレンジ好き、そして アマーロ好きにはたまらない、オトナの飲みもの。
 カクテルにも使えるが 個人的には、ストレートをおすすめする。

 これもまた、持って帰ったら 「アル中 寸前」 になる危険なヤツ。


d0212522_09380093.jpg
 氷点下を記録した今朝の、通勤途中の一枚。
 季節は、移ろっているのですね。

 アマラ 飲んで、体感温度2度ほど上げましょ ♬


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! シチリアーノ は是非是非~ッ ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-01-26 09:45 | 美味しい食後酒。 | Comments(0)

 ワイン会 終了したら、
 打ち上げやね!

 一杯目のビールの美味しいこと ♬
 頑張った甲斐があったと、実感する瞬間やね。

 そんな中、ちょっと風邪気味だからという理由で ひとり、「カンパリのお湯割り」 なるものを注文した ツワモノ女子がいた。
 興味あったけど ビール飲みたいし、かといって間接キッス するのもどーか と思たから (あ、風邪うつるさかいにね)、
 構わずビールを楽しんだワケ。

 何の話?


d0212522_19382297.jpg
アニス・セッコ・スペチャーレ (ヴァルネッリ)

 個人的に、リキュールをはじめとするイタリア文化の象徴ともいえる 食前・食後酒が好き ♡
 ていう話。
 改めて接写すると、なんやテキーラみたいな配色やね。

 アニスといえば社会人一年生の頃、その会社の物置がアニスの匂いで充満してたもんやから、オレは金輪際この酒は飲まないと心に決めていた。
 そやけど、ヴァルネッリのアニスを飲んだ時は、衝撃が、そう 衝撃が、走ったんや。

 コレ 絶対、家に持って帰ったらアル中になるやつやw

 あ、もひとつ個人的に、エスプレッソに コレ入れる 「カッフェ・コレット」 は、好きやでぇ ♬
 プント・エ・リーネア さんのやつは 特に、大好物 ♡

 試してみてみ。

 ナニ この意味不明な文章は?
 たまにはよろしいかw
 まだ シラフやで。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! リキュールも充実ッ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-01-20 20:05 | 美味しい食後酒。 | Comments(0)

 イタリア料理の面白さのひとつに、
 「食後酒」 の多様性が挙げられる。
 イタリア全土で見られる ご当地グラッパや アマーロをはじめ、リモンチェッロに代表されるリキュールなどなど、
 数え上げたらキリがない。

 それだけイタリア人は 食事を、そして食後の楽しみを、昔から大切にしているんやろね。
 豊かやね。

d0212522_20234442.jpg
ミルト・ディ・サルデーニャ と ミルセ (トレモンティス)

 サルデーニャ島。
 地中海に浮かぶ、シチリア島に次いで大きな島。
 その好立地から 幾多の民族に征服された歴史を持つ。
 それもあってか、この島の食文化は 「特異」 としてもよいくらいに、本土とは違う。

 ミルト はそんなサルデーニャ島を代表するリキュール。
 地中海全域で自生する ギンバイカ、英名 マートル(Myrtle) という植物の実から造られる。

 ミルセ は、マートルの実に 古代から医薬用として使われていた 40種類のハーブを配合した薬草系リキュール。

 先日の試飲会で、ひとめぼれ。

 アマーロ を家に持って帰って 「アル中」 寸前になった過去があるオレ。
 気をつけて、取り扱いますわ ♡


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキ!! 食後酒も充実!!! ~


[PR]
by enotecabianchi | 2016-09-16 20:33 | 美味しい食後酒。 | Comments(0)
d0212522_1339388.jpg

パオロ・ベルタ・リゼルヴァ・デル・フォンダトーレ 1990 (ベルタ)

 ヴィンテージ・グラッパ の最高峰。
 食後にこれ飲んだら、

 分かるだろ?





~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ バックヴィンテージも、あるでぇ。~



-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-06-24 13:48 | 美味しい食後酒。 | Comments(0)

 「クチーナ・イタリアーナ・ウエキ」 さんで忘れてはならないのが、コレ。↓

d0212522_1955379.jpg

Cannoli di ricotta リコッタクリームのカンノーロ

 美味しい食事を終えたあとのドルチェは、世界共通の 「至福の時間」。

 数多くの造り手と このお店で食事をしたが、全員が、感動してシェフに話しかけ 賞賛の言葉を贈った。
 ウソではない。 全員だ。

 ここでのメーカーズディナーやランチはつまり、「シチリアワインの造り手」 ということ。
 本場のシチリア人にそれだけ心を動かせるのは、並の努力でできるものではない。


 先日はランチだったから 彼らの造るデザートワインは出なかったが、やっぱり! ↓
d0212522_2005254.jpg

モスカート・ディ・ノート 2013 (マラビーノ)

 カンノーロに合わせたいのは、シチリアのデザートワインっしょ! ♫

 ノートは 「ネロダーヴォラ発祥の地」、 だけではない。
 良質なモスカートの産地でもあるのだ。

 この最強コンビを、いつか、味わいたいものやね。



~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! やね。~



-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-06-18 20:07 | 美味しい食後酒。 | Comments(0)
 新着~ッ!

d0212522_1758457.jpg

グラッパ・ディ・ケルナー
と、
グラッパ・ディ・ゲヴュルツトラミネール (アッバツィーア・ディ・ノヴァチェッラ)

 敬愛する アッバツィーア・ディ・ノヴァチェッラ がグラッパを造っているとは!
 早速仕入れてみた。

 シャキッとするような味わいは、いかにもアルト・アディジェ らしい。
 ケルナーには 華やかな香りが。
 ゲヴュルツには 甘みを伴った、重心の低い味わいが感じられる。

 安定した造りは、グラッパにも表れているね ♡



~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! グラッパもね! ~
[PR]
by enotecabianchi | 2016-03-26 18:03 | 美味しい食後酒。 | Comments(0)

 グラッパ。

 これも、ヴェネツィア共和国には欠くこのとできない必須アイテム。

d0212522_21293790.jpg

アクアヴィテ・リゼルヴァ と ビアンカ (ナルディーニ)

 20年前は、どこのレストランにも置いていた定番中の定番。
 グラッパ の起源とされる街、「バッサーノ・デル・グラッパ」 に、1779年創業 (!)

 今の主流は、「ベルタ」 と 「ポリ」 であろうか。 香りが華やかで味がまろやかやもんね。
 女性にも好まれる。
 時代の嗜好か営業努力か、トップの座は、ベルタに取って代わった。

 ナルディーニ のグラッパは、強烈だ。
 そこに 「時代」 など関係ない。
 僕より上の世代の人たちは、この強烈さを 「ノスタルジー」 と感じる人がいるかもね。
 それだけ、多くの人が愛した銘酒 と言えるやろね。
 トップの座を譲ったとはいえ、変わらぬ味わいは 愛され続ける。

 食後の至福には、外せませんな。




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ なのよね。~
[PR]
by enotecabianchi | 2016-03-02 21:42 | 美味しい食後酒。 | Comments(0)