ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

カテゴリ:テイスティング!( 51 )


 もう 10年も前になるかと思う。
 フリウリの生産者 「リヴィオ・フェッルーガ」 の当主、エルダ・フェッルーガ さんが来日され、挨拶とほんの少し、通訳の人を介して話した。
 その時、彼女は僕にこう言った。

「イタリアワインを専門に扱うなら、あなたはイタリア語を話しなさい。」

 この言葉は今も僕の心の中に残っていて、それは造り手の人が来て 通訳を介して話すたび、申し訳なく思うくらい。
 徐々に、ではあるけれど 必ず話せるようになる! なんて自分に言い聞かせたりしている。
 その暁には、一緒にアニメの話で盛り上がろうゼッ!


d0212522_19395210.jpg

ヴェルティーゴ 2013 (リヴィオ・フェッルーガ)

 遠ざかっていたワインだが、今日のテイスティングで また扱うことになった。
 改めて飲むと、やっぱり美味しい。

 フリウリのボルドーブレンドらしく、青さを含んだスパイス香。 「青くさい」 のではないよ。
 適度な酸味と、バリック熟成 に由来する力強さ、複雑さが混在する。

 僕の場合はそこに、エルダさんの言葉に由来する、「ノスタルジックなほろ苦さ」 が加わるのだけれど。


 10年経って未だに話せていないのは恥ずかしいが、彼女のあの言葉がなければ、「話さなければならないんだ!」 という気持ちは、今のように強くはならなかったかもしれない。

 そんな彼女に感謝しながら、今宵は彼女が造る白ワイン 「シャリス」 で乾杯するとしよう!

 何故 ヴェルティーゴ じゃないのかって?

 ヴェルティーゴ は美味しいからと、木下くんが持って帰りましてん ♡

 あ、シャリスも美味しいよ ♡♡




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ ですねん。~
[PR]
by enotecabianchi | 2016-03-22 20:00 | テイスティング! | Comments(0)
d0212522_19232187.jpg


 トスカーナのラインナップを ガラッと変えてみよかと思ってね。
 各インポーターにお願いして、新しいワインの候補を取り寄せ中。

 良いのんあったら、紹介してくださいな。

 あと、小売価格¥3,000前後の白ワイン。 とりわけ南の、分かりやすく樽の効いたワインも、探してるねん。
 皆さんの情報が命綱ッ! (他力本願 ♡ )




~ 業務用イタリアワインなら、他力本願なエノテカビアンキ! ですねん。~
[PR]
by enotecabianchi | 2016-03-10 19:29 | テイスティング! | Comments(0)
d0212522_1924049.jpg

 「トスカーナ」 縛りのテイスティング。
 3アイテム 採用、2アイテム ブショネって、どんなスコアや!?
 日頃の行いが悪いとしか思えんな。
 試飲は明日も続くのであった。




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! ウチのリストはこの積み重ねでできてるねん。~
[PR]
by enotecabianchi | 2016-02-23 19:34 | テイスティング! | Comments(0)
d0212522_18174133.jpg

 本日のテイスティング風景。 第1ラウンド。
 急ピッチで 消化してかんとね。
 締め切り2日前にして、取り寄せたサンプル、いっぱいやねん ♡

 今日、エエやんて思ったのは、

ヴィタルバ 2013 (トレモンティ)
 エミリア・ロマーニャ の土着品種 アルバーナを、グルジア産のアンフォラ で寝かせたワイン。
 120日の マセラシオン。 12か月 アンフォラ熟成。
 ほいで、ノンフィルター。

 こう聞くと、あぁ、例の?
 なんて思いがちだが、味わい的に そうではなかった。
 単なる流行で造ったのではないのだと、飲んで感じた。

 造り手の探究心は、果てしない。
 そう感じた時、その造り手を尊敬せずにはいられない。

 「新着案内」 に載るかどうか、お楽しみにッ!

 今から第2ラウンド~ッ! (泣)



~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ でんがなッ。~
[PR]
by enotecabianchi | 2016-02-22 18:32 | テイスティング! | Comments(0)
d0212522_1959018.jpg


 今日はテイスティング日。
 トスカーナを中心に。
 恐らく一番最初に入荷した ブルネッロ 2011年、タレンティ。
 30周年記念ヴィンテージ。

 その他、美味しいワインいっぱい。
 3月の新着をお楽しみに!


~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! 果てしない商品開発! ~
[PR]
by enotecabianchi | 2016-02-10 20:10 | テイスティング! | Comments(0)
d0212522_2151678.jpg

厳正なるテイスティングの結果、採用となったワインたち (一部)。

ガッティナーラ “ピエトロ” 2010 (パリデ・イアレッティ)

 火山土壌からくるミネラルを、香りからすでに感じ取れる。 上質なモルトのようなニュアンスも。
 口に含むと 「厳しさ」 ともいえる収斂性。
 同じ ネッビオーロ でありながら、バローロとは明らかに違う種類のタンニン。

 奇しくも、昔から扱っているガッティナーラ、「アントニオーロ」 と全く同じ価格。
 つまり、新しいリストでは、ガッティナーラが2本並ぶねん。
 偏っとるなぁ。 バランス悪いなぁ。。。 せやけど、扱いたいねん ♡


コーレ 2013 (モンテヴェトラーノ)

 誰もが知るカンパーニアの銘酒、モンテヴェトラーノ を手掛ける シルヴィア・インパラート の新展開。
 名前は土地の方言で、「ハート」 を意味するそうだ。
 ファーストヴィンテージは2011年だが、入荷数の少なさと需要の高さから、ウチにはほとんど回ってこなかった。
 ようやく安定して、リストに載せられるようになってん。

 アリアニコ100%。
 若いワインとは思えない 落ち着き、いや 風格といおうか。
 キシッ としたタンニンは むしろ好感が持てる。
 今でも充分に美味しいけれど、
 寝かせると確実に 大きくなるワインやね。

 
 2月はハートがいっぱいやねん ♡♡




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ やねん ♡ ~
[PR]
by enotecabianchi | 2016-01-22 21:20 | テイスティング! | Comments(0)
d0212522_19374986.jpg

本日のテイスティングワイン。

 怒涛のテイスティングも、もう間もなく終了。 ふぅ。
 アルト・アディジェのピノグリージョ と ピノビアンコ をカンティーナ比較。

 大いに勉強になる。

 ケットマイヤーの所在地は ボルツァーノの南、カルダーロ湖の北に位置する、その名も、「カルダーロ」。
 ドイツ語では、「カルテルン」。

 対して、エレナ・ワルクのそれは 同じくボルツァーノの南、カルダーロ湖の南に位置する、「テルメーノ」。
 ドイツ語では、「トラミン」。

 つまり、2者は地理的に、めっちゃ近い。

 同じ土地、同じブドウ、同じヴィンテージで、価格もほぼ同じときている。
 比べると、造り手の意図がよく伝わってきて面白い。
 しかし、ただ面白がっているだけやとイカンので、断腸の思いで絞り込んだ。

 新しいワインリストには、このうちの2アイテムが掲載されるのでお楽しみに!




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ いいね! ~
[PR]
by enotecabianchi | 2016-01-21 19:58 | テイスティング! | Comments(0)

 2月からのワインリストを作成中。

 選択肢は多い方が良い、 とは思わない。
 だが、僕たちが自信を持ってお勧めできるものは、多いに越したことはない。

 そういう思いで果てしなく、テイスティングは続くのであった。


d0212522_17332086.jpg

本日のテイスティングワイン。

 課題だった 「セッラルンガ」 のバローロと、ガッティナーラで造るネッビオーロ。
 決定的に違う土壌とテロワールは、味わいにどう表れるのか?

 どれが採用になったか、
 新しいワインリストは、来週末に、到着ッ!

 登録まだの方は、是非ッ!
 業務店さまに限るよッ!




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ なんだよねッ! ~
[PR]
by enotecabianchi | 2016-01-18 18:24 | テイスティング! | Comments(0)

 本日も、テイスティング~ッ!
 「新着ワイン」 の締切が迫る中、着々とテイスティングを重ねてるねん。


d0212522_19133514.jpg

ラゴーネ 2013 (アイア・ヴェッキア)

 エラい懐かしいな。
 以前は、トスカーナの ディストリビューター (の顔も持っていた)、「アヴィニョネージ」 が扱っていたワイン。アヴィニョネージ の経営権移行に伴い、アイア・ヴェッキア は自ら販売先を見つけるという新たな道を歩み始めた。

 幸いにも、最もよく知っているインポーターに替わって、ウチにサンプルが届いたわけ。
 調べてみると、最後に扱ったヴィンテージは、2008年だった。 単純に、5年前やね。

 味わいは 5年前と変わらない。
 つまり、「ボルゲリの ボルドー・ブレンド」 というカテゴリーに求める、「果実の甘さ」 と 「柔らかさ」。
 そして、「ラゴーネ」 に求められる 「力強さ」 と 「わかりやすさ」。

 使い方いろいろ。
 試してみてね。
 来年からの扱いですねん。



~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ でっせ~。~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-12-23 19:22 | テイスティング! | Comments(0)

 美味しいワインを見つける場所は、いろいろある。
 もちろん、オフィスに取り寄せたサンプルをテイスティングして決めることが多いが、それだけではない。

 中には、

d0212522_22422245.jpg


 お店で食べたトリッパと、

d0212522_224333.jpg


 合わせたサンジョヴェーゼがやたら美味しかったから載せた、ってのもある。

 トスカーナの人が作ったお料理には、トスカーナの品種が良く合う。

 いよいよ年末。
 準備は、よろしゅうございますかな?



~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ だす。~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-11-27 22:56 | テイスティング! | Comments(0)