ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

カテゴリ:いいお知らせ。( 16 )


d0212522_18293479.jpg
フランチャコルタ・ブリュット NV (コンタディ・カスタルディ)

 ご存知、スタイリッシュなフランチャコルタの造り手、コンタディ・カスタルディ。
 美しいフォルムのボトルデザインは、楽しい食卓を更に彩る。
 そんな造り手から、「ワインクーラー」 届きましてん。
 コンタディ・カスタルディのフランチャコルタをオーダー頂ければ、差し上げますよ ♬
 カラーは、写真の 「マンダリン」 の他に、「クリア」 と 「ライム」 があるさかいに、
 ご注文の際、お申し付け下さいませね。

※ ゆうパックでお届けの方は、発送する際の送料を頂きます。 詳しくはお問い合わせ下さい。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ええやん。 ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-09-11 18:40 | いいお知らせ。 | Comments(0)
d0212522_19140757.jpg
 ワインリスト、完成。

 予定通り、「山吹色。」

 美味しいワイン、とりわけ白ワインが多くなった。
 おすすめいっぱい ♬

 表紙にもあるように、

フォンガロ。
ルガーナ。
グレケット。
ブランカイア。
アルジョラス。
などなど。

 表紙だけやなくて、中身もじっくり、見てやぁ ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! なんか、解放された感 ♡ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-07-27 19:30 | いいお知らせ。 | Comments(0)

 エノテカビアンキ・ワイン会。
 ご来場頂いた方々、ありがとうございました ♡
 天下の 「ガンベロロッソ」 のイベントと同日だったからか、遠方からのお客様も多数、いらして頂いた。
 初の月曜日開催。
 怪我の功名 ではあったが この先も、考えに入れてもイイかもね。

 そして、
 毎年恒例の、「チャリティ有料試飲」。
 今回は、このコたち! ↓
d0212522_19431054.jpg
マグナムボトル
バローロ“ヴィーニャ・ロッケ” 2005(エルバルーナ) と ソーヴィニョン“ピエーレ”2010(ヴィエ・ディ・ロマンス)

 うまいのなんの!
 いまだに若さを保っているのは、マグナムボトルゆえか、「ロッケ」 という畑の偉大さか、はたまた 2005年という優良年によるものか。

 今年8月、震災で大きな被害を受けた 中部イタリア、アマトリーチェ。 そう、「アマトリチャーナ」 の故郷ね。
 イタリアは常に、元気であってほしい。一日でも早くの復興を願って。
 何かできないかと考えた末、フェイスブックの 「アマトリチャーナの故郷を救え」 を運営する実行委員会に、全額寄付することにした。
 これらのワインを飲んで募金箱に入れて下さった総額は、

¥37,911.-

 皆さんのご協力に、多謝 ♡



業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! こういうことも、たまにやるねん。~


[PR]
by enotecabianchi | 2016-11-15 19:55 | いいお知らせ。 | Comments(0)

「レストランの皆さん。 フランチャコルタを 『スプマンテ』 のリストの中に入れないで下さい。
 フランチャコルタはフランチャコルタです。 だから、フランチャコルタのリストを作って下さい。」

 10年前、セミナー会場でこう言ったのは、マウリツィオ・ザネッラ氏。
 そう、フランチャコルタの代名詞的造り手、カ・デル・ボスコ のオーナーだ。
 それに感銘を受けて、すぐさまその通りにしたのを、時々思い出す。

d0212522_12542699.jpg

フランチャコルタ “キュヴェ・プレステージ” (カ・デル・ボスコ)

 モデルチェンジした時、そのスタイルに賛否両論あったが、コンセプトの理解が広まるにつれ、「否」 の声は小さくなった。
 コンセプトと味わいの一致が、その原因といえようか。

 マウリツィオ・ザネッラ は、フランチャコルタの知名度を上げることに尽力したひと。
 キュヴェ・プレステージ にモデルチェンジしたその最たる理由は、「フレッシュさ」。 そしてそれに伴う 「飲みやすさ」 にある。
 カ・デル・ボスコ のホームページを訪れてみてね。

http://www.cadelbosco.com/

 どれだけの投資と努力で このフランチャコルタができるのか、動画を見るだけでよく解る。
 そして知ってもらうには、価格も大事だし、他社と比較することも大事。

 大事なことをたくさん詰め込んで 6月、新たなフランチャコルタのリストが完成した。
 DMに同封されているので、どうか目を通してみてね。
 
「上質の泡をグラスで。」

 上質な泡なら、フランチャコルタ!

 決まってるやん ♡




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! 今日も早めのアップ! 理由は明日報告するなり! ~


-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-05-30 13:16 | いいお知らせ。 | Comments(0)

d0212522_23104492.jpg

 年内最後の、ご案内。
 スペシャル・セレクション、そして、マグナムボトル。
 あと、フェイスブックで先にご案内した、「妖艶ネッビオーロ」 と 「ラ・スピネッタ」 のご案内。

 小さい封筒に入ってるけれども、「特大号」 やねん。
 お得情報満載やさかいに、届いたらすぐに開封してね。
[PR]
by enotecabianchi | 2015-12-05 23:13 | いいお知らせ。 | Comments(0)

 マグナムボトルの案内だけやったら、先述の通り、興味のない人にとっては、単なる紙やね。

 だから、

d0212522_18195817.jpg

 スペシャルセレクション も同封するねん。

 ただ今 物色中。
 昨夜のような冷え込みには、うまく熟成したバローロが飲みたくなる。
 多めにいこかな。

 到着を!
 お楽しみに!!




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ。 美味しいワインに、きっと出合えるねん。~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-12-04 18:23 | いいお知らせ。 | Comments(0)

 年末モード。
 ウチも師走らしく、連日、ワインが大量入荷。
 出る量は 比例せーへんけどな。

 こんなんも入荷! ↓

d0212522_19304557.jpg

サンクト・ヴァレンティン・ソーヴィニョン 2014 (サンミケーレ・アッピアーノ)

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2010 (イル・ポッジョーネ)

 年末は ビッグサイズがよく似合う。

 昔、あるお店にマグナムをすすめたら、
「価値が分からんから、もっとマシなのすすめて。」

 なんて言われたことあるけれど、
 「価値」 は与えられるものじゃなくて、創り出し、演出するものだ。
 特にこういった商材は ね。


 マグナムボトルをうまくお店に取り入れて、大成功を収めているお店を、僕はたくさん知っている。

 今年、初めてサーヴするあなたも、その存在の大きさと効果のほどに、
 驚くことだろう。

 ・・・ そうなると、いいね。

 そんなわけで近々、
「おすすめ! マグナムボトル」 のリストを作成予定!!

 ウチで寝てはる おっきいのん、大放出するねん。

 乞うご期待!!




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ ですねん。~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-12-03 19:40 | いいお知らせ。 | Comments(0)

 今日はオフィスに こもりんこ。


d0212522_18502669.jpg

 新しいワインリスト、できましてん。
 もうすでに、誤字 ひとつ、見つけてん。
 そんなことはいい。

 年末に向けて、いっぱいいっぱいまで ラインナップを広げてん。

 美味しいワイン、満載!


d0212522_18521666.jpg

↑ 中にはこんなワインもッ!

 到着を お楽しみに!




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ やねん。~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-10-30 18:55 | いいお知らせ。 | Comments(0)

 「スペセレ」 のリストを作成するときは、セラーにこもりっきり。
 風邪ひきそうやけど、じっくり考えてバランスを整えないとね。
 とはいえ、銘醸地 「ピエモンテ」 と 「トスカーナ」 が中心になるのは、必然。

 今回は 25アイテム中、ピエモンテは 7、トスカーナは 9アイテム。
 その中には、↓
d0212522_1950357.jpg

ブリッコ・デル・ウッチェッローネ 2004 (ブライダ)

 こんなのも。

 お楽しみに!




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ だぜッ。~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-10-05 19:52 | いいお知らせ。 | Comments(0)

 夏の間 できなかった 「スペセレ」 、そろそろ出揃いました。
 バローロ や ブルネッロ をはじめとした、「ちょい熟成」 から、「ご立派に熟成」 なものまで、幅広くラインナップ。

 このワイン、ご存知だろうか? ↓
d0212522_1905021.jpg

イル・ピノ・ディ・ビセルノ 2004 (カンポ・ディ・サッソ)

 ロドヴィーコ・アンティノリ の新たなプロジェクトにより、創られたワイン。
 現在は社名を 「ビセルノ」 としてリリースしているようだ。

 調べると、どうやらこれがファーストヴィンテージのようで、この時はまだ 「カンポ・ディ・サッソ」 としてリリースしていた。 カンポ・ディ・サッソ というと、

インソリオ・デル・チンギアーレ

 がブレイクしたことでも知られるカンティーナ。

 ボルゲリの真骨頂、カベルネとメルロ が主体の典型的なボルドーブレンド。
 時を経てどんな姿を見せてくれるのか、確かめてみてね!

 投函は、10月6日(火)!


~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ へ、Go! ~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-10-03 19:10 | いいお知らせ。 | Comments(0)