ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

理由はいろいろ。


 ヴィエ・ディ・ロマンス は、僕が毎年買い続けているワインのひとつだ。
 新しいヴィンテージが届くと、なぜかボトルをまじまじと見る。 もう何年、同じことをしているやろか?
 毎年そうしていると、ラベルのちょっとした変化に気付いたりする。

 「ヴィエリス」 と 「ピエーレ」 はソーヴィニョンで造られたワインだが、
 いつの頃からか 表記が、
「ソーヴィニョン」 から 「ソーヴィニョン・ブラン」 に変わっていた。
 当主 ジャンフランコさんが光栄にもウチのセラーに来てくれた時、理由を聞いてみた。
 すると、

「<ソーヴィニョン> というブドウは存在しない。 人はよくそう略すが、あるのは <カベルネ・ソーヴィニョン> と <ソーヴィニョン・ブラン>。 正確に伝えるべきと感じたからなんだ。」

 って返ってきた。 なるほど!
 そして通訳をして頂いていた ジョヴァンナさんからは、
「それに気付いたの マルタニさんだけですよ! スゴイ!」
 ってお褒め頂いてん。 いやぁ それほどでもぉ ♬

 ところで、
d0212522_19370880.jpg
チャンパニス 2015

 このシャルドネ、以前は 「チャンパニス・ヴィエリス」 という名だった。 そうそう、うしろに写ってるね。
 この変化もきっと 彼らしい真っ当な理由があるに違いない。
 そう思って聞いたら、

「ややこしやん。長いし。」

 って返ってきた w
 だから、
 美味しいよ ♬ (ナンヤソレ!)

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 毎年買うと、知識も味わいも 「点」 が 「線」 になるよ ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-12-07 19:50 | なんてことはないが面白い話。 | Comments(0)