ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

ブリッコレーロ は サンルイジの中に。


 ワイン会にご来場頂いたみなさま。
 ありがとうございました。
 主催者側としては課題の残ったワイン会だったが、これからの季節に勧めたいワインが見つかったなら、
 嬉しいなぁ。

d0212522_19150364.jpg
ドリアーニ “ブリッコレーロ” 2015 (キオネッティ)

 造り手である キオネッティさんが来場した今回、話を聞きながらのテイスティングは 有意義この上ない。
 ブリッコレーロ という区画は、サンルイジ の畑の中にある というのを、初めて知った。
 サンルイジ の平均樹齢が20年に対し、ブリッコレーロ のそれは40年を超える。 ラコスタに至っては、60年を超えるのだそうだ。
 そして、ブリッコレーロとラコスタの土壌は ドリアーニにありながら、アルバに似た土壌構成なのだとか。

 DOCGに昇格し 「ドリアーニ」 というだけで、このワインがピエモンテ州のドリアーニという土地の、ドルチェットを100%使った赤ワインであることを意味する。
 その認知度が年々高まるのに比例して、市場で見かける頻度が高くなるんだろうね。
 これだけの品質を持っていれば、高い認知度を誇るまでに、そう時間は掛からないかもね。

d0212522_19275306.jpg
↑ こういうアッビナメントも、エエでぇ ♬

務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 次回はもっと良くなるよ。 ウチのワイン会 ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-11-21 19:33 | もっと知られるべきワイン。 | Comments(0)