ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

いわくつきの リゼルヴァ2011年。


d0212522_20223788.jpg
キアンティ・クラッシコ・リゼルヴァ 2011 (クエルチャベッラ)

 造り手の話を聞きながら キアンティ・クラッシコ・リゼルヴァ を飲んだのは本当に久しぶりだ。
 もともとからして キアンティ・クラッシコ の中ではハイクラスの品質&価格である クエルチャベッラだけに、
 リゼルヴァ への期待が高まるのは 必然。
 そしてその期待に、このワインは見事に応える。

 キアンティ・クラッシコ と同じくこのリゼルヴァにも、「パワー」 を求めてはいけない。

「エレガンス」

 これを期待しよう。

 セミナーとディナーを終えて、スーパー営業マンから質問が飛んだ。
「どれが一番良かった?」 と。
 その問いに僕は、
「個人的には キアンティ・クラッシコ。 売れるだろうなと思うのは キアンティ・クラッシコ・リゼルヴァ。
 説明が必要だが、説明と共に飲んでもらえたら よく売れるのは、トゥルピーノ。」
 と答えた。
 カマルティーナ と バタール は入れなかった。
 そんなの分かりきっているだろうし、そんな答は求めていないだろうからね。

 そんなわけでこの キアンティ・クラッシコ・リゼルヴァ。
 一度飲んだら 必ずリピートしたくなる、優れたワインだ。

 なぜそんなに優れているのか?
 そして 表題の、「いわくつき」 とは何か?

 それは レポートの中に書くとしよう。
(まだまとまってない言い訳w)

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! レポート執筆中 ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-09-22 20:49 | 新着! | Comments(0)