ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

伯爵の威厳。


 とある試飲会で、
 タスカ・ダルメリータ のブースがあった。
 このワインを飲んだのは 何年ぶりだろうか?

d0212522_18393796.jpg
ロッソ・デル・コンテ 2010 (タスカ・ダルメリータ)

 このワインの裏ラベルには 「35 edizione 」 とある。
 35年前、シチリアにおいてこのようなプレステージワインを造っていたのは、このタスカと、ドゥカ・ディ・サラパルータ くらいではなかろうか?
 サラパルータの造る 「ドゥーカ・エンリコ」 もまた、シチリアワインを牽引した逸品だ。

 タスカ・ダルメリータ。
 今では同社が造る 「カベルネ・ソーヴィニョン」 や 「シャルドネ」 の方がよく知られているが、僕が エトリヴァンに勤めていた頃は、

タスカ = ロッソ・デル・コンテ

 だった。
 新しいヴィンテージを毎年、楽しみにしている人がたくさんいた。

 カベルネ を造ったのは、ロッソ・デル・コンテ よりもずっと後だ。
 その時、造り手はきっと、アンジェロ・ガヤ が 「ダルマージ」 を造った時と同じ心境だったろう。

 今一度、この素晴らしいワインにスポットが当たることを願う。
 そう、インポーターさんにも伝えた。
 だって、シチリアワインの歴史やん?
 もっと知られて良いはずだし 評価されても良いはずだ。
 そういう、威厳に満ちたワインなのよね。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! もっと知られるべきワイン、いっぱいあるねん。 ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-08-07 19:07 | もっと知られるべきワイン。 | Comments(0)