ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

モデルチェンジで、ふと思ったこと。


 ボトル形状は、そのワインの味わいを端的に示す。
 その代表格は、「ボルドー」 と 「ブルゴーニュ」 ね。 あと、「アルザス」 なんかもそうね。

 イタリアは どうか?

 昔ならば、「キアンティ」 や 「ヴェルディッキオ」 がそうか。
 当時はスタイリッシュで よく売れただろうが、やがて品質が低下し、観光客用ワインへと成り下がり、
 そして誰も使わなくなった。
 たまに見かけると、なんかちょっと嬉しくなるけどね。

 そう考えていくと、フランスのマーケティング力って、すごいな!なんて思う。
 
 今のイタリアには、フランスのその成功にあやかって ボトルをセレクトしているように思えるワインが 見られるね。

d0212522_19115272.jpg
エトナ・ロッソ 2015 (バローネ・ディ・ヴィッラグランデ)

 届いてビックリ! ボトルもラベルも、フルモデルチェンジ!

 最近特に、ボトル形状が変わる DOC のひとつに、「エトナ・ロッソ」 がある。
 無論、ボルドーからブルゴーニュへ。
 今や ウチで扱う エトナ・ロッソ でボルドータイプのものは、ベナンティの 「ロヴィテッロ」 だけになったが、このワインだけは ボルドーであり続けてほしいなぁと思うのは、僕だけだろうか?

 時代の流れなのか、造り手のスタイルか。
 ともあれ 造り手は、より良いものを造りたいと努力しているわけだから、
 期待して、落ち着かせて、
 飲んでみようじゃないか。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 飲んだらまた 報告するなり。 ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-08-04 19:33 | 再入荷! | Comments(0)