ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

時間をかけるということ。


d0212522_19572077.jpg
左から、
ゲンメ “アンノ・プリモ” 2007 (カンタルーポ)
バローロ 2011 (ブレッツァ)
バローロ “サルマッサ” 2011 (ブレッツァ)

 昨日とはうって変わって、大きなグラスで是非楽しみたいワイン。
 テイスティングやけどw

 ゲンメ は、2007年らしい好ましい熟成感。 言うまでもなく、上り調子の熟成ね。
 開けたてからこの香りを楽しめるとは!
 口に含むと 甘い果実が広がる。
 キシッとした タンニンは、真っ直ぐなゲンメを飲んでいる充実感。
 ん~ ♬ エエやん ♬

 て思ったんやけれども、極々微量だが、ブショネのニュアンスが・・・。 ちょっと気になる。

 クラシカル・バローロ、ブレッツァの2種もこの短時間で答えを出すのはどうかと思たさかいに、
 明日、もいっかい、テイスティング~ッ!!


 そやねん。
 この作業は、試飲会では、できないのよね。
 だからウチは、試飲会で良かったからと、すぐには採用しない。
 ウチが勧める対象は、レストラン。
 そこではお客さんが、お料理と共にゆっくり、時間をかけて、ワインを飲む。
 だからこそウチも、時間をかけて試飲し、考え悩んで、答えを導き出すのね。

 そのワインが、大事に寝かせて ゆっくり飲むべきものなら、なおさらね。
 さぁ、明日が楽しみになってきたぁ!

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 時にはアピールしないとねw ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-04-14 20:19 | セールスポイント。 | Comments(0)