ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

フランチャコルタ。 もっと知られるべき上質。


 フランチャコルタのインポーターさんと、これからどう動いてゆくべきか について、ゆっくり話した。
 ミラノ万博 の影響で、フランチャコルタの名は、よく知られるようになった。
 といってもそれは、「昔と比べたら」 程度のもので、やはりまだ、知名度が足りない。
 普及させるには、継続することが不可欠だが、ミラノの熱が今も続いているとは、いえない。

 マウリツィオ・ザネッラ は十余年前、セミナーの最後に、

「フランチャコルタを 『スプマンテ』 のリストに入れないで下さい。
 フランチャコルタは、フランチャコルタ です。
 だから、フランチャコルタのリストを、作って下さい。」

 こう訴えた。
 リストを作るということは、人の目に触れる ということ。
 知って、飲んでもらえたら、必ず納得してもらえる。
 彼の言葉には、そんな自信が感じられた。

 品質を考えれば、伸びしろ は大いにある。
 扱う理由だって、たくさんある。 むろん、理由なんてなくても良いくらい美味しいけどね。
 安もので食事を始めるよりも、上質の泡からスタートした方が、華やぐし、満足度も高い。
「安くて美味しかった!」 と言われるよりも、
「楽しい食事だった」 と評された方が、お客さんとの信頼関係ができると思う。

 フランチャコルタは、その評価を獲得するための 名脇役 あるいは、主役にもなり得る。

 イタリアに こんな美味しい泡があったんだ! と知ってもらえたら、
 イタリア・レストランへ足を運ぶ人は間違いなく増すだろうし、それはやがて、レストラン業界に華を添える活動になるだろう。

 その波に、乗り遅れなさるなよ。
d0212522_21172680.jpg
業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! お店に合ったフランチャコルタ、提案致しまする。 ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-03-25 21:27 | つぶやき。 | Comments(0)