ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

観てね ♡


 取材にお邪魔させて頂いた。
 毎月恒例の、「リストランテ・ドゥエフィオーリ」 さんでの試食会にテレビカメラが入ってね。
 「ワインを提案する業者」 として、ね。

 朝日放送の、「LIFE ~夢のカタチ~」 という番組。

 取材が入るのを聞いて、急いで番組を観てみたんやけど、
 エラいこっちゃな~。。。
 めっちゃエエ番組やん。
 そんな番組に オレの〈ダミ声〉 という雑音が入ってエエんか!?
 なんて思いながら、取材を終えた。

 後日、番組の担当さんから、「(編集すると)ほとんど出番がなくて。 申し訳ない!」 とご連絡頂いたけれど、
 いやいや むしろその方が嬉しいです!

 でもその分、勧めたワインをしっかり紹介して頂くことになった。
 採用して頂いたワインは知っているけれど、それは番組を観てね ♬
 ここでは、惜しくも不採用となってしまったワインを、ご紹介しよう。
d0212522_18121295.jpg
ヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノ “ヴィーニャ・サンタ・マルゲリータ” 2013 (パニッツィ)

 もしかして、ワイン名の長さが敗因かも、て思うくらい 長いな。
 筍のフリット に合わせるワインを、というリクエストだったのでこれを選んだ。
 何故かというと、
 今回の筍は、いわゆる ブランドもの。 甘みが強く、アク成分からくる苦みが少し残る。そして、生のまま揚げて、木の芽を少し。 ソースはヴォリュームのあるもの。
 これがお料理の説明だったので、筍の苦みと木の芽のスパイス感に合うもの、ヴェルナッチャ が良いね。
 その中から、ヴォリューム感そして果実味をも感じさせ、適度な樽が効いた味わい。でも樽はこれからの季節、効きすぎると くどくなる。
 考えた末に出たのが、このワイン。

 シェフからは、「(ライバルの1本と) 甲乙つけがたい!」 という嬉しいお言葉をもらっただけに、
 きっと 名前の長さが敗因やと思う (ウソ)
 採用となったワインは、僕も納得のアッビナメント。

 そやけど、ホンマによく合ったで このワインと筍。
 これからの時期、大いに活躍するでぇ。
 1本、どう?

 あ、番組も観てね。
 他のワインも、いくつか紹介してくれてるみたい ♡

 番組ホームページは → コチラ!

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! アッビナメント最高! ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-02-21 18:42 | セールスポイント。 | Comments(0)