「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

正しい モンテプルチアーノ を知るには、最適やね。


 モンテプルチアーノ・ダブルッツォ を、
 造り手を交えてのテイスティングや 食事をしながらの説明を聞いたりするのが 極端に少なかったのは、
 大量生産型の協同組合が牛耳っている 今の環境ならば、当然なのかもしれないね。
 濃くて飲みやすくて、その上 めっちゃ安くて市場に溢れていれば、情報を求めなくなる。
 大量生産型の企業にとっては、その方が都合が良いのだから。

 そういう意味でも 昨日の食事会は、大きな収穫だった。
d0212522_12490183.jpg
 ハイ。 昨日の続き~ッ!
 写真の 「仔羊のグリーリア」 には、
 モンテプルチアーノ・リゼルヴァ、そして新アイテム 「オルスス」 が合わせられた。
 法で定められている収穫量は、ヘクタールあたり14トンまで。
 フォッソコルノ は、ベースラインですら、10トン以下。
 収穫量を抑えることの重要性を、味わいで表現してくれる。
 熟成のポテンシャルも、計り知れない。

 新しいプロジェクトである 「オルスス」 について、細部まで教えてくれたが、
 ここでは敢えて語らない。 今日、会場で聞いてや。
 ヴェローナ に居を構える彼ならではのアイデア、とだけ 記しておくわ。

d0212522_12535919.jpg
 昨日の昼食後に、「大阪のおみやげ!」 ってプレゼントした名刺入れ、気に入ってくれたみたいw
 暖かい日やさかいに 散歩がてら、会場へ GO!

 オレは今日、別の造り手と同行営業で、行かれへんけれどもね。
 そやから 早めのアップやねん。
 
 Grazie !! Marco san !!

 残りの日本滞在も、楽しい想い出となりますように。


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 今月はどうなってるんや~造り手いっぱい来る~ッ ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-02-16 13:17 | 造り手との食事。 | Comments(0)