「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

上質なブドウ、モンテプルチアーノ。


 造り手と、昼ごはんでっせ~~ッ!

 アドリア海に面した アブルッツォ州から、フォッソコルノ のオーナー、マルコ・ビスカルドさん。
 シュッと背の高い、気さくなジェントルマン。

 最初に、聞いてびっくりしたことを記すと、

びっくり1. アブルッツォ州では リリースされるワインの、実に 90% が、協同組合の手によるもの。
びっくり2. 大量生産する必要性から ブドウの仕立ては、州の80% が、テンドーネ式 つまり、「棚仕立て」。
       そうすることで収穫効率を上げる。

「この現状が、モンテプルチアーノ・ダブルッツォ が過小評価されている原因だよ。」

 とマルコさん嘆く。


 アドリア海から3km の距離、背後には 2000m級の山々がそびえる。
 標高120m ~ 190m の テーラモ の丘に現在、20ヘクタールの畑を所有する。

 あ、なんか説明文みたいになってきたな。。。 こーいうのはパンフレットに書いてあるから このへんで。
 明日、試飲会があるさかいに、そこで パンフ、ゲットしてや。

 恥ずかしながら、この造り手のワインをじっくりとテイスティングしたのは これが初めて。 無論、お料理とのマリアージュも、初体験。
 これがまた、何ゆえ 今まで試さなかったのかと後悔するほどに、素晴らしかった。

d0212522_19473605.jpg
ペンネ 牛肉のラグーソース

 この美味しいパスタには、同社のベースライン、アイレス 2015年が呈された。
 「アイレス」 とは、イタリア語でいう 「アリエーテ」、「牡羊座」 のこと。
 このカンティーナを興した マルコさんの父へのオマージュ。
 最新ヴィンテージの赤ワイン、しかも モンテプルチアーノ だと、「若さ」 を通り越して、「青さ」 が目立ったりするものが多い中、
 アイレスは、若さはあるが 青さは全く、ない。 そして タンニンが穏やかで実に飲みやすい。

「モンテプルチアーノ はポテンシャルのあるブドウ。
 でもたいていの造り手は、その実力を表現できていないよ。
 収穫量を抑えることが、とても重要なんだ。」

 ベースラインがこのレベルだから、リゼルヴァ や コッリーネ・テラマーネ もまた、濃いだけのモンテプルチアーノではないことは、容易に想像できる。
 そやから、想像しぃもって、明日まで ガマンしてやぁ。

 このキラースマイルで! ↓
d0212522_19475024.jpg
 皆さんの来場を、待ってるよッ ♬

 ウチは3月から、取り扱いが決まりましてん ♬


~ フォッソコルノ 来日試飲会 ~
日時:2月16日(木)13:30 ~ 17:00
場所:ジョカーレ・デル・ヴィーノ
   大阪市中央区高麗橋2-2-5 小山ビルB1F

※ 業務店対象の試飲会です。 一般の方はご来場できません。 予めご了承下さい。


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! なんだよね ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-02-15 20:25 | 造り手との食事。 | Comments(0)