ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

美味しい空間が演出できるのは、こういうことの積み重ねなのよね。


 月末恒例。
 西天満の銘店による月イチ試食会。
 一年を締めくくるに相応しい メニューの数々。
d0212522_17322082.jpg
天然ホタテ貝柱のムニャイア 芽キャベツピュレ 黒トリュフの帯 芽キャベツの器

 12月のコース、3皿目のお料理。 無論、試作品ではあるけれど。
 例のごとく、画像なしのメニューだけで、合うであろうワインをピックアップする。
 このお皿とのペアリングを選んだのは、うしろに写っている、
 トラモンティ・ビアンコ 2014 (サン・フランチェスコ)。
 場所は そう、世界で最も美しい海岸線、アマルフィ だ。

 何でこのワインを選んだかて?
 ホタテ貝柱のムニエル、ということは ある程度の大きさでしかも、バターを使う。 適度なヴォリューム感が必要だが、樽が強い白ワインに合わせると、多分ケバくなる。 そこで、果実のふくよかさを持たせた、かつ 甘すぎないワインを、と考えたら、これに辿り着いた。
 バターと芽キャベツとの相性がことのほか良く、採用頂いた。

 12月も リストランテ・ドゥエフィオーリ さんは、渾身のお料理とワインで、お客さんを楽しませること間違いなし!


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! アッビナメント最高 ♬ ~



その帰り道、
d0212522_17323312.jpg
ビッグイシューを買った。
 さっき、「後で来るから」 と手振りで伝えてから 3時間以上経っていたので、居るかなと心配だったが、
 いたいた。

Iさん 「いつも重たそうな荷物持ってますね。」
オレ  「いやいや 商売道具は重たいもんですわ。 寒さ大丈夫ですか??」
Iさん 「すぐ横に暖房のスイッチが・・・って、ココ外やからありませんわ!(笑)」
オレ  「(爆笑)」

 なんて会話が、今日はできた。
 楽しかった。

 ちゃんと仕事をしていて、会話して冗談も言う。
 フツーの人と幾分も違わない。
 何ゆえ、差別されるのか。不思議やね。
 そんなことを想いながら、ビッグイシューを読む。
 試食会帰りの電車での、オレのルーティンになりましてん。



[PR]
by enotecabianchi | 2016-11-29 18:00 | お料理とともに。 | Comments(0)