ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

フツーのシャルドネと、ちゃいまっせ。


d0212522_20212717.jpg
シャルドネ “ヴィッラ・カルネイド” 2015 (カステルフェデル)

 これも新着。
 最近取引が始まったインポーターの扱うワイン。
 “カルネイド” は、ボルツァーノ から少し川上にある場所の名前。
 フランツ・ゴイェール という造り手は、同じ場所で ケルナー を栽培し、「ケルナー・カルネイド」 という銘柄でワインを造る。
 ブドウ品種も造り手も違うが、この2つのワインには共通したものがある。
 言い表すのは難しいけれど、恐らくそれは土地を反映した、ミネラルをはじめとする要素だろうね。

 シャキッとする酸を持っていながら 酸っぱさを感じさせない果実味。
 うん。 これも共通している。

 熟成の一部にバリックを使っているためか、樽由来の複雑みも、求めるくらいに感じるが、くどくない。
 飲んでもらった多くの人の感想が、「初めて飲む感覚」 というものだった。
 「アルト・アディジェのシャルドネ」 という、市場に溢れかえっているカテゴリーにもかかわらず、だ。
 その中で個性を出すのは大変なことだと思うし、それを見出して輸入するものまた、凄いセンスだと思う。
 次の展開が楽しみなインポーターやね。
 まずはこのワインを飲んで、そのセンスを確かめてみてね ♡


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ええやん。 ~



[PR]
by enotecabianchi | 2016-11-07 20:47 | 新着! | Comments(0)