ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

スペシャリストの白ワイン。


 黒ブドウを使った白ワイン、<ヴィニフィカート・イン・ビアンコ>。
 今や多くの造り手が手掛けてるね。

 市場に増えたからなのか、
「別に黒ブドウで造らなくても エエのんちゃう??」
 なんて思ってしまうくらい、個性の乏しいものも、あったりする。
 ウチにはないけどね。

 新しいリストに、待望の ヴィニフィカート・イン・ビアンコ が載っている。

d0212522_19344083.jpg
ランゲ・ビアンコ 2014 (ロアーニャ)

 バルバレスコ と バローロ に古くから畑を所有する ロアーニャ は、自他共に認める ネッビオーロのスペシャリスト。
 樹齢40年以上じゃないと バルバレスコも バローロも 名乗らない徹底ぶり。
 バルバレスコ が造られる前から、ネッビオーロを育てていたという。
 なんや凄いがな。

 このワインは、シャルドネ90%に、ネッビオーロ10%。

 ん?
 <ヴィニフィカート・イン・ビアンコ> と ちゃうやんか!

 と言われるかもしれないが、
 僕がそう カテゴライズした理由は、その 「味わい」 にある。

 たった10% しかブレンドされていないにもかかわらず、ネッビオーロの存在が 確かに感じられるのね。
 ネッビオーロのスペシャリストが白ワインに、たとえ10%でもブレンドしているのには、ちゃんと理由があるのだ。

 ヘタなヴィニフィカート・イン・ビアンコ 飲むんなら、これをお勧めする。
 間違いない。

 そやけど言うとくで。
 数、少ないでw


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! そやで。 ~



[PR]
by enotecabianchi | 2016-11-01 20:02 | 再入荷! | Comments(0)