ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

官能的ブドウは エトナで昇華する。

d0212522_18420889.jpg
ピノネロ 2011 (テッラッツェ・デッレトナ)

 2か月前のメーカーズ・ディナーで ひときわ異彩を放っていた。
 強烈に 「欲しいッ!」 と思ったワイン。
 ようやく先日、入荷した。

 上質なデザートワイン にも通ずる、複雑で妖艶な液体。
 エトナで造るピノネロ が、ここまで濃厚かつエレガントに、そして エロティックに仕上がるとは!

 テッラッツェ・デッレトナ は、生産力の低い造り手ではない。
 メトド・クラッシコ で1万本。 ベースラインのエトナ で2万本弱。
 しかしながら、この ピノネロ に関しては、たったの2000本。

 翌日に注文したら、もう欠品してた。
 うんうん。 よく解るよ。


 今年のヴィニタリーに出展した時のこと。
「エトナで スゴいピノネロ がリリースされた。」
 という噂を聞きつけた ある著名な造り手が、ブースまでわざわざ飲みに来たらしい。
 その有名な造り手は、北イタリア、アルト・アディジェ で ピノネロ を造っていて、「秀逸なピノネロの造り手」 と尊敬を集める人だ。

 その人の名は、フランツ・ハース。

 そんな彼が視察に来たというのだから、その実力はホンモノだ。
 既に世界が 注目している。

 価格云々の話はいらない。
 品質を考えれば、むしろこれでも安いのでは? なんて思ってしまう。

 飲み進むほど、エロティック。

 エッチなこと考えながら飲んだら、その味わいは頂点に達するのだぁ! (ウソ)



業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキ!! なのだぁ!(ホント)



[PR]
by enotecabianchi | 2016-09-08 19:12 | 少量入荷! | Comments(0)