ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

「偉大な造り手」に、新旧は関係ないのね。


 モトックスさんの試飲会に行ってきた。
 目新しいものはなかったものの、発見はたくさんあった。

d0212522_21164339.jpg
レ・マッキオーレ と ブルーノ・ジャコーザ

画像は2013年だが ボルゲリ・ロッソ は新ヴィンテージの2014年。
ブルーノ・ジャコーザ は、画像はネッビオーロ・ダルバ“ヴァルマッジョーレ”2011だけれど、出展されていたのは バルベラ・ダルバ 2012年。

 この2者は いわば、イタリアにおける 「ニューワールド」 と 「オールドワールド」 の代表格。
 レ・マッキオーレ は、ワイン産地として新しい土地で、最新の設備を駆使して、国際品種でワインを造る。
 対して ブルーノ・ジャコーザ は、歴史的ワイン産地で、伝統品種 ネッビオーロ を使った古典中の古典 「バローロ」 を産する。

 今日、この二つの造り手を比較テイスティングできたのが、一番の収穫だった。

 それぞれの分野で最高と呼ばれ、世界中のワインラヴァーに愛される造り手。
 アプローチは違っても、最高のワインを造りたいという願いは、同じなのよね。

 行けば必ず、収穫があるのよね。試飲会って ♫
 明日も、行こね ♫


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 会場で会いましょう。 ~



[PR]
by enotecabianchi | 2016-09-06 21:35 | テイスティング! | Comments(0)