ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

深く考えるに充分な、ロゼ。


 ラベルデザインで、さり気なく中身をイメージさせるワインがある。
 そういうワインて、オサレよね。

 でも最近、これ見よがしに 「このワインは〇〇です」 と、見てすぐに分かってしまうワインがある。
 そう。 ビオワインね。

 「さり気なく」 を良しと思っている僕にとって、
 「これ見よがし」 は、ちょっと身構えてしまう。

 このワインも、最初はそうだった。


d0212522_19225629.jpg

チェラスオーロ・ダブルッツォ・アンフォラ 2015 (フランチェスコ・チレッリ)

 アブルッツォ州のモンテプルチアーノを使ったロゼ。
 そして、
 「アンフォラで熟成させましてん」 て、書いてある。
 そして裏ラベルには 「ビオワイン」 の認証マーク。

 サンプルが届いた時、飲む前から気がすすまなかった。

 ところが! 注いでみると、 あら、きれいに澄んだ ロゼ色だこと。
 ビオといわれなければ気付かないくらい、苦手な香りがない。
 そしてその奥深さとたっぷりの旨みには、参ってしまった。
 勝手なイメージで判断したらあきませんねと、反省しましてん。

 早速、9月の新着に載せることに決めた。

 今、このワインはあるリストランテの 「ワインコース」 で使って頂いている。
 どんなお料理に合わせているのかというと、

アワビの柔らか蒸し 肝のソース と サマーポルチーニ

 コース料理の4皿目だ。
 一見すると、このロゼに合いそうなお皿ではない。
 だがこのお店のシェフは言う。

「セオリーは要らない。 イメージだけでは解らない。
 あらゆる方法を試行錯誤し、実際に食べて、色んなワインとペアリングして、
 コレだ! という確たるものを提供したい。」

 
 ワインを、白や赤やロゼという 「カラー」 で分類する時代は、終わったよ。
 固定観念は、もう捨てましょうね。
 なんて、自分に言い聞かせてみました~。



~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! 「セオリーは要らない。」 名言ですわ。 ~


-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-08-09 20:07 | お料理とともに。 | Comments(0)