ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

グアルディオーラ・シャルドネ、最後のヴィンテージ。

d0212522_1991124.jpg

グアルディオーラ・シャルドネ 2013 (パッソピッシャーロ)

 今年も入荷。
 標高1000メートル近くにある コントラーダ (クリュに近い概念)、「グアルディオーラ」 のシャルドネ。
 ミネラルを飲んでいるような、そんなワイン。

 エトナ という同じ場所で造っていながら、アンドレア・フランケッティ が造る赤は、
 「エロティシズム」 に満ちたワイン。

 しかしながらこの白ワインは、むしろオトコ的。
 鉱物的な硬さ。 だが、この硬さこそが、このワインの特徴。

 「グアルディオーラ・シャルドネ」 という名は、このヴィンテージが最後となる。
 カンティーナの名でまた、赤ワインの名でもある 「パッソピッシャーロ」 は元々、「村」 の名前。 カンティーナはともかく、商品名に村の名を使用するのが認められなくなり、ワイン名を変更することになった。
 それに伴って、この 「グアルディオーラ・シャルドネ」 もね。
 新しい名前は、

パッソピッシャーロ → 「パッソロッソ」
グアルディオーラ・シャルドネ → 「パッソビアンコ」


 うーわ!
 ダッサ!

 なんや、トラットリアのハウスワインみたいな名前やね。
 とはいえ中身は間違いなく パッソピッシャーロ であり グアルディオーラ・シャルドネ なのね。
 最後のヴィンテージ、よろしゅうに。
 あ、赤は既に、ダサい方に替わったよ~。



~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! でっせ~。 ~


-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-08-04 19:27 | 新着! | Comments(0)