ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

美味しいワインを見つけて採用になるまで。


d0212522_199171.jpg

ランゲ・ネッビオーロ 2013 (ナーダ・フィオレンツォ) と ソリデオ 2010 (サルヴィアーノ)

 今日のテイスティングで採用となったワイン。
 ナーダ・フィオレンツォ はインポーターの試飲会で、地味ながら光っていたワイン。

丸谷: 「こういうワインが普通に出るようになれば、大阪のレストランはもっと面白いことになるんやろね。」

担当さん: 「そうなると良いんですけど。 地味ですものね。。。」

(ちょっと酔った) 丸谷: 「よしッ! 頑張って売るわ! 飲んで理解してもらったら きっと動くと思うから!」

 そういうやり取りをして、サンプルを取り寄せた。
 だから、びっくりするような味ではない。
 ただ、この造り手にしか出せない、素朴で地味だが 芯をはっきりと感じさせるネッビオーロは、そう見つけられるものではない。
 「甘いネッビオーロ」 に疲れたら、これ飲んでね。
 このカテゴリーもまた 種類多いから、リストラするねん。

 ソリデオも、担当さんと話して 取り寄せた。

丸谷: 「昔 仕入れていたので、改めて飲んでみようと思って注文しました。」

担当さん: 「実はこのヴィンテージ、数が少なくて。。。次のヴィンテージは控えているんですが、今飲むなら絶対、2010年なんです!」

丸谷: 「じゃ、こうしましょう。 2010年をすぐに飲むから、採用となったらある程度まとめてオーダーします。」

 カベルネらしい黒い果実味。 包み込むような バランスの整った味わいだが、アフターに力強さがやってくる。 ボルゲリに代表される 「海のカベルネ」 とは明らかに違う個性、「山のカベルネ」 だ。


 新しいリストの役者は、着々と揃い始めているのであった。




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! なのよね。~
[PR]
by enotecabianchi | 2016-04-14 19:29 | テイスティング! | Comments(0)