ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

買った2010年は置いといて、こっち飲んで ♡


 2010年のブルネッロ は、最高の年だそうだ。
 どこかの評価誌の 「トップ100」 にも、このヴィンテージのブルネッロが複数、ランクインしたそうだ。
 興味ないけど。

 また実際、造り手からの出荷価格も、大小の差はあっても概ね、値が上がっている。
 リゼルヴァの割合を多くしているところも あるね。

 こういった情報が出回っているせいか、2010年のブルネッロが先に完売してしまったところも多い。

 それで エエのんやろか?

d0212522_1683540.jpg

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2009 (コッロソルボ)

 このワインを輸入するインポーターの試飲会では、2009年と2010年を比較試飲させてくれた。
 比べると 2010年がなぜ、良く評価されたのかは、解る。
 そして、いや、だからこそ 飲み頃には達しておらず、硬い。ポテンシャルは感じるけどね。
 今飲むなら むしろ、2009年 やね。

 ロッソ・ディ・モンタルチーノ と同じく、造り手の優しさが感じられるワイン。
 香りの出方が素晴らしく、ええねん ♡


 「高評価!」 とか 「〇〇高得点!」 なんかを過信すると、逃してしまう喜びも、あるねん。
 ワインは毎年造られるもの。 人に聞いた言葉で判断するよりも、自分で味わった方が、

 感動もひとしお。




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! なんだよねぇ。~
[PR]
by enotecabianchi | 2016-04-11 16:26 | つぶやき。 | Comments(0)