ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

聖ミハエルのリースリング。


d0212522_1944585.jpg

リースリング “モンティッグル” 2014 (サンミケーレ・アッピアーノ)

 新着ワイン。
 春は リースリング がよく似合う。
 品種特有の強いミネラルは、飲むと 「涼しさ」 を感じさせ、
 白桃のような、甘さが漂う果実味は、うららかな春の日差しのようだ。
 バランスの良さは 流石 というほかない。


d0212522_19461918.jpg

 この写真は、3年前に訪れた 同社のショールーム兼ワインショップ内にある 航空写真。
 それぞれの畑の上に、そこで造られたワインが飾ってある。
 オシャレやで。

 それによると モンティッグル という場所は、標高480メートルから550メートル。
 氷堆石土壌、通称 「モレーン」 だ。
 18ヘクタールの畑では リースリングをはじめ、シャルドネ、ピノグリージョ、ソーヴィニョン、ピノビアンコ が栽培される。
 意外にも ピノノワールは、植えられていない。

 同じ土地でも、ライバルである 「テルラン」 はそこに ピノノワール を植えていて、「ピノノワール “モンティッグル”」 をリリースしている。

 人が違えば、創造するワインも違うのね。
 そりゃそうか。
 いうまでもなく、どちらのワインも上質やねん。




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! なんだな。~
[PR]
by enotecabianchi | 2016-03-30 19:57 | 畑について。 | Comments(0)