ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

野菜を主役にしてみては?


 ジビエや魚が美味しい季節だが、忘れたらアカンのが、

 お野菜。

 春のエエのんが出始める頃ね。

d0212522_2191271.jpg

コッリ・トルトネージ・ティモラッソ “ピタッソ” 2011 (クラウディオ・マリオット)

 長い名前やけれども簡単に言うと、

トルトーナ いう丘で 2011年に収穫した ティモラッソ っちゅうブドウで造った、ピタッソ ていう名前のワインやねん。
造ってるのは、マリオットさんちの クラウディオ や。

 ということ。
 地図を見てみるとトルトーナ はアスティよりもずっと東、ピエモンテの東の端なのね。
 州都 トリノ よりも 港町 ジェノヴァ の方がより近い。

 個人的に、春野菜と聞いて真っ先に思い浮かべる品種がこの ティモラッソで、
 その理由は、品種特有の 酸と苦み、そしてミネラルとのバランスによる。

 軽く炭火で焼いたお野菜とオリーヴオイル、そこにこのワインがあったら、

 言葉要らんね。




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ 春はすぐそこ。~
[PR]
by enotecabianchi | 2016-02-02 21:23 | 美味しいワイン。 | Comments(0)