ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

樹齢を考えれば、ありえない価格。


 ウチで長く扱っている 「ソアヴェ・クラッシコ」 はというと、ピエロパン、イナマ、そして アンセルミ だ。
 ウチ はソアヴェ に入れてくれるな! とアンセルミ 本人なら怒るかもしれないが、「ソアヴェ・クラッシコ地区内で造っている生産者」 としてなら、許してもらえそうだ。

d0212522_18343892.jpg

ソアヴェ・クラッシコ 2014 (ジーニ)

 今は先述の 3者に、ジーニ が加わっている。
 何故、名実ともにトップ生産者のひとりとして知られているのに、リストの掲載が遅れたかというと 答は実に簡単で、
 インポーターが替わったから。

 で、替わったことによってどうなったかというと、

 今までのインポーターは何をしていたのかと思うほど、
 情報が溢れ出てきた。

「ガルガーネガを植えたことがない。」

 この重みのある言葉は、ジーニの現当主によるもの。
 これを聞いただけでも、飲んでみたい! と思うではないか。
 最も若いもので樹齢60年。
 古いものは110年を超えるものもあるそうだ。

 そして特筆すべきは、そんな樹齢にもかかわらず 価格がリーズナブルということ。

 軽くてフルーティ なのが ソアベ。なのではない。
 火山性土壌というテロワールに裏付けられた ミネラル。 これこそが本来の、ソアヴェのスタイル。

 ソアヴェ・クラッシコ の造り手は口を揃えてそう言うが、
 言いたくなるのはよく分かる。
 ジーニを飲めば、よく解る。




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ うンまいよ~。 ~
[PR]
by enotecabianchi | 2016-01-25 18:51 | 美味しいワイン。 | Comments(0)