ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

見た目より おしとやかなの。

d0212522_2059780.jpg

バローロ “ブルナーテ” 2009 (マルカリーニ)

 はい。「クリュ」 つながり~。
 カスティリオーネ・ファッレット の西隣、ラ・モッラ のグランクリュ、「ブルナーテ」。

ボルゴーニョ
エリオ・アルターレ
ミケーレ・キアルロ
ロベルト・ヴォエルツィオ

 などなど、総面積25ヘクタールに、多くの偉大な造り手がひしめく。

 「金の地に黒と赤の文字」。 こう聞くと ヤンキー系の趣味の悪い配色を連想してしまうが、イタリア人にかかると こうも美しくなるものかと、常々感心する。

 造り手にもよるけれど、経験的そして個人的に、カスティリオーネのバローロよりも ラ・モッラのものの方が若いうちから楽しめる。

 でも僕は、熟成させるのが大好き。

 華やかな香りは時を経るにつれ、妖艶で 甘く危険な香りとなる。
 そうなるまでこのワインも、眠りについてもらうとしますか。


~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ なのよね。~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-04-10 21:26 | 美味しいワイン。 | Comments(0)