ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

伝統とは何か。

d0212522_19421879.jpg

カルミニャーノ・ヴィッラ・ディ・カペッツァーナ 2009 (ボナコッシ伯爵家)

 トスカーナのDOCG つながり~。
 カルミニャーノを語る上で、この造り手を外すわけにはいかない。
 調べてみると創業は、804年 (!)。

 国際品種をブレンドしたワインで、最初にDOCGを獲得したワイン。
 そしてその国際品種、カベルネ・ソーヴィニョンは、かのシャトー・ラフィットから移植されたものだとか。

 バリックよりも少し大きめの樽で、12か月。

 今のトレンドとしてのキーワードは、「地場品種」、そして 「伝統」 だろうか。

 カルミニャーノ にとってのカベルネはもはや地場品種。 だからこその、DOCG昇格。
 そしてこのブレンドこそが、伝統なのだ。

 歴史に裏打ちされた深い味わいは、何とも説得力のあるもの。

 まぁ飲んでみなはれ!


~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ でんがな。~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-04-03 19:52 | 美味しいワイン。 | Comments(0)