ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

土着品種大好き。

d0212522_18161511.jpg

シャリン 2013 (エミリオ・ブルフォン)

 はい。「神」 つながり~。
 「シャリン」 というブドウ100%。
 北東イタリア。
 フリウリ、ヴァレリアーノ というところにカンティーナがある。

 忘れられた土着品種を復活させた造り手として知られ、「シャリン」 もそのひとつ。
 他にも、「チャノーリエ」 や 「チビディン」、「フォルジャリン」 など、

 「なに語?」

 と思う品種、いっぱい。

 ラベルは近所にある古い教会 「サンタマリア・デイ・バットゥーティ」 に現存するフレスコ画をモチーフにしている。そう、誰もが知る 「最後の晩餐」 ね。
 この造り手のラベルには全てこの絵が描かれる。

 土着品種、しかも、ほぼ知られていないブドウを使ったワインは、
「一度は売れるがリピートがない」 というのが多いが、このワインは季節を問わずよく売れる。

 特にこの時期、アフターにくる白コショウのような香味が、春のお料理によく合う。

 試してみてみ。


~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ やねん。~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-03-13 19:15 | 美味しいワイン。 | Comments(0)