ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

造り手の努力は多岐にわたる。

d0212522_191796.jpg

コッリオ・マルヴァジア 2012(ムジッチ)

 品種つながり~。

 小さな造り手。日本に入荷しているのも少量なので、有る時に買おうね。
 味わい? フリウリをよく知ったインポーターが輸入するだけに、
 コッリオらしい心地良い酸味と、品種から来る旨みが良いバランス。

 ところでこのボトル、ちょっとユニークでしょ?
 コッリオの生産者のいくつかがこのボトルを採用している。

 「ピッコロ・コッリオ」

 という名のグループだそうだ。
 このボトル、なかなかの優れもの。

 厚みが他と比べて薄い分、軽い。→ 重さによる輸送コストを抑える。
 口の部分の径が小さい。→ 通常よりも細いコルクで栓が可能で、環境に優しい。
 グループにすることで大量発注が可能。→ 生産コストを抑える。

 ピッコロ・コッリオのプロモーションを見たことがあるけど、なかなかオシャレでしたよ。
 アドレス忘れましたけどね(笑)


~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ やで。~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-02-27 19:11 | 美味しいワイン。 | Comments(0)