ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

花の香りのするワイン。


d0212522_20131270.jpg

セッラ・デイ・フィオーリ のワインたち

 このカンティーナがあるのは トレッツォ・ティネッラ という場所。
 クーネオ県の中でも標高の高い所にあるので、赤よりも白に向いているのだそうだ。

 ここの畑が売りに出た際、2社の著名な造り手が、同時に手を挙げた。

 ひとつは、バローロやバルバレスコの畑を持つ、「フラテッリ・ジャコーザ」。
 そしてもうひとつは、バルベラ・ダスティの旗手、「ブライダ」。

 普通なら、どちらが獲得するか、醜い争奪戦となりそうなところだが、この2社のオーナーの子供が同級生で、仲も良かったらしい。
 そうしてこの2社は共同経営という形で 「セッラ・デイ・フィオーリ」 という会社を創立した。
 ふたつのカンティーナの情熱でもって、造られているワイン。

 そう。「つながり」 で綴っているこのブログ、前回とのつながりは、「眼」。

 「お花」 と思って見ていたこのラベルは 実は、「ふたつの眼」 だったのね。

 そうやって見ると、ちょっと怖いのは、僕だけやろか??

 でも、美味しいよ。


~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ ですよ。~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-02-21 20:18 | 美味しいワイン。 | Comments(0)