ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

甘く危険な香り。


 営業に出るようになりました。
 ウチのスタッフ、川口くんが独りで営業・配達できるようになり、これからようやく、といったところです。

 先日、その時間を利用して京都を回りました。 インポーター時代にお世話になった方たちや、日頃からご愛顧頂いているお客様へのご挨拶も兼ねて。 もちろん、この季節にお勧めのワインを引っさげて、ね。


 その夜はいつもお世話になっている「B・デル・V」さんへ。

d0212522_18481584.jpg

バローロ・リゼルヴァ・ヴィニョーロ 1999(カヴァッロット)

 美味しいバローロを頂こうと、予約した時すでに決めてました。
 すンげーぶ厚いワインリストを見て、すぐに決まりました。

 期待以上のワインであったことは言うまでもなく、

 美しい。
 直線ではなく、しなやかで流れるような曲線美。
 老いてなど全くなく、年齢を超越したような、凛とした自信。
 「ワタシ頑張ってマス!」なんて野暮な主張は微塵も感じさせず、ただただ暖かく、やわらかく、余裕の存在感。
 時と共に甘く妖艶な香味へ、ゆっくりと、飲むものを虜にする。

 ふたつのお料理と一緒に頂きました。

d0212522_18483565.jpg

アニョロッティ トリュフ風味

d0212522_18492443.jpg

地鶏のディアヴォラ風


 何てことだ!
 特にアニョロッティとの相性はもう言葉にならない(ラーラーラ♪)

 最高の時間を楽しませて頂きました。

 野宮さま、池本さま。
 ありがとうございました!
 またお伺いします!!




追記

「フェイスブック」 始めました。
こんな便利なツールなのか! と感心する反面、使い方全く分かれへん!(泣)。



 いつか風林寺ゴクウのように、


「おもしろいオモチャだ。使わせてもらうぜ!」


 なんて言えるようになりたいですね(笑)。
[PR]
by enotecabianchi | 2012-11-23 19:03 | 美味しいワイン。 | Comments(0)